井上希美のエール藤丸役は劇団四季(美女と野獣ベル役)の実力が影響?

女優

現在放送されている朝ドラエールは、主人公の窪田正孝演じる作曲家とその妻音夫婦を主人公にした ドラマとなっています。

 

5月に入って新たな出演者が登場していますが、6月2日からは井上希美さんが登場します。

 

 

エールは音楽がテーマということがあり、特に音の周りでは歌の上手な登場人物が多くなっており、ミュージカルで活躍する山崎育三郎さん、吉原光夫さん、古川雄大さん、柿澤勇人さん、そして、今回ご紹介する井上希美などが出演されています。

 

また、エールは実際にあった出来事や人物を基本としています。

 

主役の窪田正孝さんは作曲家の古関裕而さんを古山裕一として演じ、二階堂ふみさんは歌手の古関金子を古山音(旧姓:関内音)として演じます。

 

この記事では井上希美がエールで演じる役だけでなく、エールで歌手役を務める実力として不足がない、劇団四季で「美女と野獣ベル役」を勤めてた実力者であることをご紹介します。

 

小南満佑子の歌唱力は高校・大学で培われ、コゼット(レ・ミゼラブル)役で実証済み!
NHK の朝ドラ「エール」も5月に入って東京編がスタートしました。 東京編では、新しいキャストも登場しています。 今年3月に亡くなられた志村けんさんも登場しましたね。 新しく登場したキャラクターの一...

 

井上希美プロフィール

 

 

名前 井上希美(いのうえのぞみ)
生年月日 1992年5月8日
出身地 兵庫県神戸市
出身校
  • 兵庫県立須磨東高等学校
  • 東京フィルムセンター映画・俳優専門学校
所属事務所 CAMINO REAL

(2014年-2017年 劇団四季)

ミュージカル出演作
  • ジーザス・クライスト・スーパースターエルサレム・バージョン「アンサンブル役」
  • サウンド・オブ・ミュージック「リーズル役」
  • ガンバの大冒険「潮路役」
  • 美女と野獣「ベル役」
舞台出演作 星の砂(日穏-bion-公演)
ドラマ出演作
  • やすらぎの刻〜道「根来信子役」
  • エール「藤丸役」

 

井上希美さんは、1992年5月8日生まれの兵庫県神戸市出身で、2020年5月27日現在28歳です。

 

高校は兵庫県立須磨東高等学校に通っており、放送部に所属していたということで、2010年にはNHK杯全国高校放送コンテスト朗読部門で優秀賞を受賞していることからも話すことに関しても実力があることがわかります。

 

高校卒業後は現在の職業につながる「東京フィルムセンター映画・俳優専門学校 」に進学し、卒業後は劇団四季に入所することになります。

井上希美は劇団四季出身

 

 

井上希美さんは、劇団四季に所属していたのですが、劇団四季に所属していたのは2014年から2017年までの四年間ということになります。

 

四年間の在籍期間でミュージカル女優として活動するわけですが、「ガンバの冒険で潮路役」、「美女と野獣でベル役」を演じています。

 

ガンバの冒険で「潮路」役

 

 

ガンバの冒険は、斎藤惇夫さんの児童文学作品である「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」が原作で、1972年に発売開始となっています。

 

主役であるドブネズミのガンバを中心に繰り広げられる物語です。

 

井上希美さんが演じるベルは主役のガンバと恋仲になる役なので、かなり重要な役を演じていたことになります。

 

美女と野獣で「ベル」役

 

 

美女と野獣については改めて説明するまでもなく、ディズニーでも大人気の作品です 。

 

ベルは美女と野獣の主人公ですので、井上希美さんは美女と野獣で主人公を演じたことになります。

 

 

劇団四季のミュージカルで主役を演じるということは、演技だけでなく歌唱力についてもかなり高いことが伺えます。

 

 

ドラマでは「やすらぎの刻〜道」から「エール」出演

 

井上希美さんについては、ミュージカルのイメージが強いですがドラマにも出演されています。

やすらぎの刻〜道

 

2019年4月から1年間放送された倉本聰さん原作のドラマです。

 

「やすらぎの刻〜道」では、根来家の長女「根来信子」を演じました。

 

この投稿をInstagramで見る

11月🍁 とても気持ちのいいお天気で心も晴れやか。 今日から、『やすらぎの刻〜道』平成編が始まりました!齢を重ねた公平兄ちゃんやしのちゃんの登場、なんだか泣けてしまいました。平成を生きる根来家…たのしみです! . そして、昭和編をご覧下さった皆さま、本当にありがとうございました!公一にいちゃんが「うちでまともなのは信子だけだ」と言っていましたが、個性豊かな根来家の中で、とてもニュートラルな存在だった信子。だからこそ、台本の端々から信子の人生を汲み取って演じることが難しくもあり、同時に、そうした悩ましい日々を送られることが役者としての喜びでもありました。信子という役を与えて頂けたこと、心から感謝しております。 . そして何より、信子という役が、自分で想像していた以上にみなさんから愛して頂けたことを、心の底から嬉しく思っております。更に「“根来家のみんな”が大好きです」というお言葉は、私にとって何より幸せなお言葉でした。応援して下さった皆さま、本当にありがとうございました。 . 昭和の時代を演じさせて頂くにあたり、たくさんの文献、書物を読みました。その中で出会った茨木のり子さんの詩集「自分の感受性くらい」 現代を生きる私にも深く響く言葉ばかりで、信子も好きだろうなと思いながら読んでおりました。装丁も、とても素敵でお気に入りです。 . さて、『やすらぎの刻〜道』はまだまだ進んで行きます。受け売りですが、とても素敵なお言葉なので拝借して… ただただ、前を向いて。 . #やすらぎの刻 #やすらぎの刻道 #根来家

井上希美 Nozomi Inoue(@non_inoue)がシェアした投稿 –

 

エール

 

 

2020年4月期の朝ドラ「エール」では6月2日から「藤丸」として登場します。

 

藤丸は歌手ですが、芸者として歌手デビューする役で、窪田正孝さん演じる古山裕一さんの「先頭可愛いや」を歌う歌手です。

 

藤丸のモデルは「音丸」さんです。

 

音丸という芸名は、当時芸者ブームということがきっかけで、芸者っぽい芸名を考え音丸に決まったとのことです。

 

音丸さんも古関裕而さんの歌を歌っていたとのことです。

 

井上希美さん演じる藤丸は歌手ですので、ミュージカルで歌唱力に定評のある井上希美さんの歌唱力が認められて選ばれたんでしょうね。

 

エールでは、山崎育三郎さん演じる佐藤久志に好意を寄せる役ということですので、どのような展開になるのか楽しみですね。

 

まとめ

 

井上希美さんについてご紹介しました。

 

劇団四季出身というだけでも実力者と感じてしまいますが、劇団四季の「美女と野獣」で主役ベルを演じていたとなれば、演技と歌唱両面で優れていることが予測出来ますし、主役としての華がある女優さんということでもあります。

 

まだまだ出演作が多いとは言えませんが、エールへの出演で今後、数々の出演に繋がっていきそうですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました