あまロス症候群が深刻化はどの程度か?

ドラマ

朝の連続テレビ小説「あまちゃん」は
9月末までNHKで放送されていました。

出演している豪華俳優陣に加え、
宮藤官九郎さんの脚本がぜ絶妙で、
大人気のまま終了しました。

毎日の放送を楽しみにしていた方が
多かったということは、それだけ
なくなった時のショックも大きいことが
想像できます。
「あまロス症候群」をご存知でしょうか?

今流行のことばでもキーワードなので、
ご存知の方も多いかもしれませんね。

知っている方も多いとは思いますが、
一応説明しておくと、

「あまロス症候群」とは、

「あまちゃん」が終了することで、
生きる元気をなくしてしまう方が多くなる
現象を言います。

「あまちゃん」はいろいろな世代の方に人気があり、
毎日テレビの前で放送が始まるのを楽しみにしていた
方が多かったと言われています。

毎日の生活の一部になり、
生きる活力にしていた方も多かったようです。

このように毎日「あまちゃん」を楽しみに
していた方からすると、放送が終了することで
「ガクッと」一気にテンションが急降下。

「あまちゃん」に限っては、
朝の7時半からのBS放送の視聴率が5%を
達成したほどの人気で、サラリーマンの
お父さんにも人気があった番組でした。

そうゆう私も土曜日のBSで一週間分を
まとめて見るほどはまっていたのは
言うまでもありません。

一体どれだけの方が「あまロス」に
ハマってしまっているのでしょう?

コメント