【高嶺の花】峯田和伸(銀杏BOYZ)の歌声に石原さとみも感動!どんな歌声?

ドラマ

石原さとみさん主演のドラマ「高嶺の花」が7月11日からスタートします。

このドラマのもうひとりの主演が「峯田和伸」さんです。

峯田和伸さんは、ロックバンド「銀杏BOYZ」のメンバーでボーカルとギターを担当していますが、最近では俳優としても活躍されています。

そんな峯田和伸さんですが、歌で石原さとみさんを感動させたようなのでご紹介します。

第1話先行試写会後記者会見にて歌を披露

ドラマ「高嶺の花」が7月11日からスタートするのに先立ち、第1話の完成試写会と記者会見が開催されました。

この場には、主演の石原さとみさん、峯田和伸さんに加え、小日向文世さん、戸田菜穂さん、芳根京子さん、千葉雄大さんとともに出席。

 

本来であれば、出演者にドラマのことや意気込みを聞いて終わることが多いのですが、今回はちょっと違いました。

 

峯田和伸さんが歌声を披露したのです。

 

峯田和伸さんは、ロックバンド「銀杏BOYZ」のボーカルを担当しています。

だからといって、通用だと歌うことはありませんね。

「銀杏BOYZ」が主題歌を担当しているわけでもありませんし。

 

しかし、小日向文世さんの一言で歌を歌うことになってしまいました。

 

「高嶺の花」の主題歌はエルビス・プレスリーの代表曲でもある「ラブ・ミー・テンダー」です。

 

その「ラブ・ミー・テンダー」を峯田和伸さんに歌って欲しいとの要望があったのです。

そこで断らないのが峯田和伸さん。

実際は、事前にギターを持ってくるように言われていたようです。

 

「ラブ・ミー・テンダー」といえば、普段峯田和伸さんが「銀杏BOYZ」で歌っているような曲調とは違います。じっくり聞かせるラブバラードです。

 

見事な歌声だったようですね。

 


引用元:ORICON NEWS

 

石原さとみさんは感動したようで、「ラブシーン」が出来そうとの言葉が飛び出したようです。

ドラマは石原さとみさん演じる華道の家元と峯田和伸さん演じる自転車店の男のラブストーリーです。

まさに、「高嶺の花」。

どんなラブストーリーになるのか楽しみですね。

とはいっても、峯田和伸さんの歌声を聞いたことが無い方も多いと思いますのでご紹介させていただきます。

 

峯田和伸さんの歌声(銀杏BOYZ)

2つ目のMVはパンクロックバンド「銀杏BOYZ」というライブ映像でした。

激しい曲もゆったりとした曲も良い味を出していますね。

 

まとめ

ドラマ「高嶺の花」に出演する峯田和伸さんの歌声に関してご紹介しました。

共演者の石原さとみさんが感動した歌声が公表されましたので、峯田和伸ファンは更に増えるかもしれませんね。

コメント