ブラックフライデーは何で、いつどこが開催し、何がお得で安い?

その他

今年(2019年)もブラックフライデーが近づいてきました。

とはいっても、 ブラックフライデーと聞いてピンとくる方もそうでない方もいらっしゃると思います。

この記事では、 ブラックフライデーとは何かを伝えすると共に、どこ(どの店舗、サイト等)で開催されるのか、そして何がお得なのかをお伝えします。

ブラックフライデーとは?

ブラックフライデーとは、元々は小売店舗などで大規模に開催される安売りイベントのことです。

日本国内で開催されていたものではありません。

アメリカでの例をあげると、アメリカでは11月の第4木曜日が感謝祭とされており、感謝祭の翌日は金曜日であることから、この感謝祭の翌日の金曜日をブラックフライデーと名付け感謝祭の売れ残りセールが実施されたことからブラックフライデーと名付けられているそうです。

でも気になるのは、「なぜブラックなのか」です。

このブラックにも意味があり、感謝祭では多くの売上を見込み多くの商品が仕入れられます。

しかし売れ残ると利益につながりません。

そこでブラックフライデーが救いの神となのです。

ブラックフライデーによって売れ残り商品が売れることで黒字になるということからブラックフライデーと名付けられているという説もあります。

元々は開催されたブラックフライデーですが、現在では日本でも様々な企業がブラックフライデーを実施しています。

2019年からはあのガリバー企業であるAmazonもブラックフライデーイベントを開催します。

すべてではありませんが、 現在ブラックフライデーイベントを開催することがわかっているものをご紹介します。

ブラックフライデーイベント開催企業

Amazon

Amazon も今年初めてブラックフライデーイベントを開催します。

詳細は下記の通りです。

開催日時 2019年11月22日9時~11月24日23時59分
対象商品 下記の商品(数万種類)が特別価格で販売されます。

  • Amazonデバイス
  • 食品
  • 飲料
  • 化粧品
  • ファッション
  • 家電・キッチン用品
  • 冬向けのアウトドア用品

その他催し
  • 特選タイムセール(日替わり)
  • 数量限定タイムセール(4つ星以上の商品)

カインズ

『CAINZ PRESENTS BLACK FRIDAY』として開催

開催日時 2019年11月20日~11月25日
対象商品
  • カインズならではの商品
  • 「ブラック」の商品
  • ネズミ(2020年干支)柄の天帝デザイントイレットペーパー

等239種

対象店舗 全国98店舗
特記

Yogibo

「Yogibo BLACK FRIDAY MIDNIGHT SALE 2019」として開催

開催日時 2019年11月23日0時~1時の60分間
対象商品
  • 店舗対象全品;50%オフ
  • 「ブラック」の商品
  • ネズミ(2020年干支)柄の天帝デザイントイレットペーパー

等239種

対象店舗 下記の2店舗が対象

  • 東京(銀座1丁目柳通り店)
  • 大阪(御堂筋本町店)
特記 深夜1時間限定のイベントのため、店舗前には長蛇の列が出来ます。

昨年は両店舗とも17時から並び初め、最終的には東京で約200名、大阪では約400名が並んだとのこと

Gap

開催日時 2019年11月21日22時~11月24日
対象商品
  • 全商品が50%オフ(一部セール商品を除く)
対象店舗 下記の5店舗が対象

  • フラッグシップ銀座(東京)
  • 心斎橋店(大阪)
  • 三宮店(兵庫)
  • 名古屋栄店(愛知)
  • キャナルシティ博多店(福岡)
特記 各店舗では、先着100名を対象にメンズ・ウィメンズセーターが1人1点100円で提供。また、先着200名の中で商品を購入した方を対象に「Gap BLACKくじ」が引けます。このくじでは、Gapオリジナル商品があたります。

まとめ

ブラックフライデーについてお伝えするとともに、ブラックフライデーイベントを開催する企業のイベントについても簡単ではありますがご紹介させていただきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました