【大阪地震】高槻・茨木はガス復旧に10日必要な所も!カセットコンロは要注意!

その他

2018年6月18日に発生した大阪府北部の地震において、震度6弱を記録した大阪府高槻市や茨木市などでは今も多くの世帯でガスが止まっています。

そして、大阪ガスによると、復旧には10日ほど必要とのアナウンスがあります。

ここで、注意すべきことがありますのでご紹介します。

カセットコンロの使用は注意すべし!

ガスは日常生活を行ううえで欠かせないライフラインです。

しかし、今回大阪府北部で発生した震度5以上の地震が発生するとガスの供給がストップされます。

被害状況によってガスの供給は再開されますが、ガス会社からすると二次災害の発生を防ぐため、安全が確認されない間はガスの供給を再開しません。

このような状況になった時、どうしても家事に必要だからと「カセットコンロ」の使用を考えませんか?

カセットコンロなら簡単に購入出来ますし、安価ですからね。

そして、気軽に使うことが出来ます。

 

しかし、ガスが供給再開されていない地域でカセットコンロを使用する場合は、十分に安全確認を行ってから使用してください。

 

というのも、ガス会社がガスの供給を再開しないのには理由があります。

今回の大阪での地震で復旧までに10日ほど見込んでいるのにも理由があります。

 

一番の理由は『安全確認』です。

 

ガス会社では、これから被害の大きかった高槻市や茨木市などに対して、一軒一軒安全確認を実施するようです。

 

この安全確認は『ガス漏れ確認』です。

 

ここで、考えてください。

 

ガスが使えないからカセットコンロを使うと考えるのには大きな危険があるのではありませんか。

 

人間が気づかないようなガス漏れが合った場合、カセットコンロで火をつけた途端に引火して火災につながる恐れがあります。

 

もし、カセットコンロを使わ得れる場合は、十分安全確認を行ってから使うようお願いします。

 

 

まとめ

ガスだけでなく、電気、水道といったライフラインが止まると人間は生きていけません。

ガスが使えないと、料理にも支障が出ますからね。

だからといって、安易に代替手段であるカセットコンロなどを使うと二次災害を引き起こす恐れがあります。

大きな災害になってからでは遅いので十分注意することが必要だと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました