日大広報部がアメフト部だけでなく学校を窮地に追い込むコメント!

その他

5月22日日大と関学大とのアメリカンフットボール反則タックルに関して、反則を犯した選手が記者会見を行い謝罪するとともに今回の反則に至るまでの経緯を説明しました。

日付を交えて時系列で説明をし、弁護士の方からは日大側の学校サイドとアメフト部で未だに一体化した対策が見られていないことが明らかにされました。

今回の問題が発生した時、 日大広報部は素早い対応見せました。

その内容というのは、監督と選手の意思疎通がうまくできていなかったことから生じたもので、監督が反則タックルを支持したわけではないと説明。

しかし、今回の反則タックルを犯した当事者である宮川選手の話と弁護士の方が語った内容からすると、日大広報部はアメフト部と意思疎通が図れていないと考えられます。

このような背景があったにもかかわらず、本日日大広報部は呆れ返るようなコメントをだしました。

詳しく見ていきたいと思います。

日大広報部は改めて反則タックルは監督の指示ではないとコメント

今回の宮川選手の記者会見をみて、日大広報部は改めて「反則タックルを監督は指示していない」とのコメントを出しました。

「1プレー目で相QBをつぶせ」というのは日常的な言葉で、本当に怪我をさせろという意味ではないのコメント。

この部分に関しては、宮川選手の記者会見の内容本当に聞いていたのかと耳を疑うようなコメントです。

宮川選手は、事細かに実際に指示をしたコーチとのやり取りを語っていました。

その中には、監督の言葉も入っており、さらにコーチと監督から念ををされる内容も働いていました。

この宮川選手の発言が嘘だというのなら、反則タックルを行った時の監督やコーチ、また選手の行動をどのように説明するのでしょうか。

今回の反則タックルは度々ミニするような反則ではなく、アメリカンフットボール関係者ですら見たことがないようなひどい反則だったのです。

宮川選手は三つの反則を犯して退場となったのですが、本来であれば一つ目の反則を犯した時点で宮川選手をベンチに引っ込めこっぴどく叱られるような内容でした。

しかし、 宮川選手がベンチに戻ってきた時には誰一人怒っている様子も騒いでる様子も慌てている様子も感じられません。

監督やコーチもです。

これをどのように説明するのでしょうか。

アメリカンフットボール関係者からすると、 1プレイごとに少しずつ陣地を獲得していくアメリカンフットボールにおいて、三つの反則で15ヤードずつ陣地を与えるような反則を犯してとがめられないこと自体ありえないとのことです。

この件に関しても、宮川選手は会見で語っています。

試合後も宮川選手は監督やコーチから反則タックルについて叱られることはなかったようで、叱られるよりもむしろ予定通り実行したことを賞賛するような内容だったとのこと。

更に、ひどいことにベンチに戻ってきた宮川選手が事の重大さから涙していたことについてコーチは「その優しさがダメ」というようなニュアンスの言葉を投げかけたそうです。

この状況を説明を聞くと、

  • 宮川選手が反則を犯した後に選手交代をしなかったこと
  • 退場でベンチに戻ってきた宮川選手に対して監督やコーチが叱るような行動が見られなかったこと
  • 三つの反則で大きく相手チームに陣地が与えられたのに選手自体が全く動揺していないこと

の説明がつきます。

「嘘の上塗り」という言葉が 、危機管理において最も行ってはいけないことです。

これは食品の産地偽装について行った企業が廃業に追い込まれたこと、自動車販売会社が度重なる嘘で信用を失墜してしまったことなど、事例とするものはたくさんあります。

今回のプレーは密室で行われた行われたわけではありません。

多くの人が目にしています。

さらに、誰もがスマホで動画撮影ができるような状況です。
嘘をついてもバレるような状況なのです。

日大広報部が経営側の対応だとすると日大に対する他校やステークホルダーからの信用は失墜してしまったと行っても良いでしょう。

今回の日大広報のコメントは、この期に及んで経営陣である内田前監督を学校を上げて守ったと言われても仕方ありません。

これから警視庁の捜査が本格的に始まると思いますが、是非とも真相を明らかにしていただきたいと思います。

まとめ

本日は宮川選手の会見が行われるということでどのようなことを語るのか注目していました。

記者会見を見て本当のことを語っているなというのを感じました。

この会見をみて、 日大側はどのような対応をするのか注目していましたが、間髪おかずに従来通りのコメントを発するとは予想外でした。

これからさらに日大への批判は強まると予測できます。

日大の学生はこれからも辛い思いをすると考えると不憫に思えてきます。

コメント