西城秀樹さん死去(ヤングマン、ギャランデゥ、YMACA)!脳梗塞が影響か?

その他

歌手の西城秀樹さんが亡くなられました。63歳でした。

西城秀樹さんといえば、郷ひろみさん、野口五郎と3人で新御三家として一時代を築いたスターでした。特にヤングマンの時のザ・ベストテンでの連続一位はすごかった。

西城秀樹さんはCMにも数多く出演されており、バーモントカレーのCMのフレーズ「秀樹(ヒデキ)感激」は今でも頭の中に映像が出てくるほどです。YMCAの振り付けも想い出深いですね。

2003年に脳梗塞で倒れてからは、リハビリで復帰するも再発。

このような状況でも諦めることなくステージに立つために必至にリハビリしていた姿をテレビで観ていました。

2018年5月16日に亡くなられたのですが、死因はなになのか調べましたのでご紹介します。

西城秀樹さん略歴

生年月日 1955年4月13日
出身地 広島県
所属 アースコーポレーション
デビュー 1972年

西城秀樹さんは1972年に「恋する季節」でデビューし、「薔薇の鎖」「激しい恋」「傷だらけのローラ」など記憶に残る歌を数多く歌われていました。

歌手としての活動だけでなく、映画や舞台、ミュージカルとさまざまな分野で活躍していましたが、冒頭でお伝えした脳梗塞で倒れられてからはメディアの前に登場する回数が多くなりました。

ただ、手足に麻痺が残るなかでコンサートを開催することへの意欲は衰えず、再発後も必至に病気を戦う姿は観ている方も勇気付けられました。

西城秀樹さんの死因

本日、西城秀樹さんが亡くなったとの報道を受け、脳梗塞を再発したのかと一瞬思いましたが、死因は「急性心不全」とのことです。

直近では、4月25日に入院し、そのまま亡くなったとのことです。

急性心不全とは

急性心不全とは、心臓の重要な機能であるポンプの役割が低下した時の総称で、心不全を発症することで生命維持に必要な血液が体に送り出すことが出来ず肺など体全体に血液が滞る状態を引き起こします。

心不全と脳梗塞の関係

心不全と脳梗塞の関係として、心不全を発症して脳梗塞を引き起こす場合が多いですね。

心不全を発症した場合は、心不全によりうっ血した血液が固まり、その固まりが脳の血管を塞ぐことで、脳梗塞を発症します。

西城秀樹さんの場合、脳梗塞を既に発症していたので、脳梗塞が原因で急性心不全を発症したのかは定かではありません。

急性心不全は前兆が無いことがよく知られていますので、今回も原因を特定することは難しいかもしれませんね。

最後に西城秀樹さんの通夜と葬儀に関する情報をお伝えします。

葬儀日程

通夜 2018年5月25日18時から
葬儀 2018年5月26い11時から
場所 青山葬儀所(上記の両日とも)

 

まとめ

新御三家の一人、西城秀樹さんの訃報を聞き悲しい思いをされている方は多いのではないでしょうか?

青春時代の全てだった方も少なくないはずです。

スタートして輝いていた姿、病魔と戦っている姿などファンだけでなく、多くの人を勇気づけてくれたと思います。

ご冥福をお祈りします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました