新元号「令和」に込められたい思いとは?平成はどうだった?

その他

平成に変わる新元号として『令和』が閣議決定され、菅官房長官より発表されました。

「令和」に込められた思いについてご紹介します。

「令和」に込められた思い

 

「平成」に続く新しい元号は『令和』に決定しました。

 

なお「令和」の典拠は「万葉集」ということです。

 

 

元号には思いが込められているのですが、新元号である「令和」にはどのような思いが込められているのでしょうか?

 

「令和」に込められた思

安倍総理大臣より発表されました。

「令和」に込められた思いですが「梅の花のように花を咲かせられる日本でありたい」「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という思いが込められているとのことです。

 

また、「令和」に決める決めては「一人ひとりの日本人が明日への希望とともにそれぞれの端を大きく咲かせることができるそうした日本でありたい」ということのようです。

 

次は、「平成」にはどのような思いが込められていたのか確認してみましょう。

「平成」に込められた思い

ちなみに、「平成」に込められた思いには「国の内外、天地とも平和が達成される」という意味が込められています。

 

実際、平成30年間を思い浮かべると、日本国内のみならず海外においても想像を絶する事件や天変地異に見舞われました。

 

世界平和については、発展したとも言えるものの、直近数年間を見ると後退しているようにも感じます。

 

 

まとめ

 

平成に代わる新しい元号として「令和」が決定しました。

元号に込められた思いが成就する時代となって欲しいと思うとともに、国民自身も努力していくことが重要だと思います。

コメント