【2018年6月28日】ストロベリームーンで月が赤くなる理由と恋愛成就効果

その他

ストロベリームーンをご存知でしょうか?

一年に一回訪れる満月をストロベリームーンと呼びます。

ストロベリームーンですが、2018年は6月28日が見れる日となっています。

また、ストロベリームーンにはさまざまな伝説がるようなので、満月が一年に一度赤くなる理由についてもご紹介します。

ストロベリームーンとは?

冒頭で、ストロベリームーンは満月のことで、一年に一度(6月の満月)だけ満月のことをストロベリームーンと呼ぶとお伝えしました。

でも、なぜ満月のことをこのように呼ぶのか疑問ですね。

でも、理由は簡単です。

満月の色が赤く見える」からです。

 

 

この時に見える満月の赤色がイチゴの色をしているということで、ストロベリームーンと呼ばれているようです。

 

なぜ月が赤くなるの?

日頃から満月の色について、気にして見ているという方は少ないですね。

筆者の私も日頃は気にしていません。

でも、なぜ月が赤く見えるのか気になったので調べて見ました。

 

月が赤く見えるのは波長が影響

月の姿が地球上の私達に見えるのは、太陽の光が影響しています。

太陽の光が月に届き、付きを照らし、その姿が地球に届きます。

ただ、太陽から放たれた光が地球に届く距離はいつも同じではありません。

長いときがあれば、短いときもあるのです。

 

この距離が地球で見る月の色を変化させています。

この太陽と地球の距離と月の色に影響を与えているのが「波長」なのです。

 

簡単に説明すると、「青い光の波長は短い」「赤い光の波長は長い」と言えます。

 

ストロベリームーンが見れる6月は太陽から地球までの距離が長くなります。

ということは、太陽から放たれた光は当初は青くても、地球に届くまでに待機の影響を受け、地球に届きにくくなり、その結果波長の長い赤い色が地球に届くため、月が赤く見えストロベリームーンと呼ばれるのです。

 

今回は、「ストロベリームーン」をご紹介していますが、実は毎月見える満月には名称が付けれられており、「ブルームーン」などが有名です。

 

ストロベリームーンの待受画像による恋愛成就効果は期待できるか

SONY DSC

よく見かけるものですが、珍しい景色や光景が見れる場所には「願い事効果」が伝えられています。

「カップルになりたい人と一緒に見れば恋愛が成就する」とう効果は良く目にするものです。

 

今回ご紹介している「ストロベリームーン」や「ピンクムーン」などは「ハート」の色で女子が好む色ということもあり「恋愛」と絡められることが多くなっています。

 

しかし、残念ながら「ストロベリームーンの恋愛成就効果」はこじつけです。

 

なので、楽しむ分には良いですが、真剣になりすぎて一喜一憂はしないほうが良いですね。

 

まとめ

ストロベリームーンをご紹介しました。

一年に一度みることができるストロベリームーンです。

本日(6月28日)の天気予報は鹿児島、大阪、高松、東京、釧路などは曇りまたは晴れの天気予報となっていますが、その他の地域については雨の予報となっています。

ひと目でも見れると良いですね。

コメント