AKB48 2013真夏のドームツアー (大阪)2日目感想パート4

コンサート

今回はMCを挟んで33曲目からスタート。

MCメンバーは山田菜々、小笠原茉由、上西恵、吉田朱里、
矢倉楓子、藪下柊、市川美織の7名。

各期のメンバーが集まってのMCですが盛り上がったのかな?

MCの後は、いつもの咲子さんのピアノ独奏からの
「ポニーテールとシュシュ」。

33.ポニーテールとシュシュ
34.真夏のSounds good!
35.everyday、カチューシャ
36.大声ダイヤモンド
37.ギンガムチェック
38.ひこうき雲
39.会いたかった
40.ヘビーローテーション
41.さよならクロール

「ポニーテールとシュシュ」から「さよならクロール」まで
9曲は全体曲です。

人気のシングル曲が中心に構成されているので、
シングル曲でファンになった方たちにとっては
大変満足な内容になったのではないでしょうか?

でも、劇場に通っている濃いファンにとっては、
もっと、劇場での人気曲も聞きたいでしょうね。

劇場公演曲を知っている人からすると、
シングル曲よりも公演曲の方が良い曲が
多いことを知っていますからね。

リクエストアワーの結果を見ていると
そのことがよくわかります。

ここで本編終了です。

ここからがアンコール。

今日は大阪ドームツアーの最終日ということで、
NMB48にとってのサプライズはあるのかな?
と思っていたらない模様。

昨日発表されたNMB48チームNのオリジナル公演曲
「青い月が見てるから」からアンコールはスタート。

42.青い月が見てるから(仮題)

43.愛の意味を考えてみた(アンダーガールズ)
44.今度こそエクスタシー(ネクストガールズ)
45.推定マーマレード(フューチャーガールズ)
46.恋するフォーチュンクッキー(選抜)

4曲続けて今年の選抜総選挙で選ばれたメンバーによる
各選抜チームを披露。

大きなドームでパフォーマンスするたびに、
特に初めて選挙に選ばれたメンバーにとっては
嬉しさを噛みしめる瞬間でしょうね。

47.ファーストラビット
48.少女たちよ
49.AKBフェスティバル

もはや定番となったコンサートの最終曲。

「AKBフェスティバル」もコンサートにある曲なので、
これからも定番となりそうですね。

これにて、大阪ドームコンサートは終了です。

次は、ナゴヤドームです。

コメント