AKB48 2013真夏のドームツアー (札幌)感想パート2

今回は2回めのMCからスタート。

MCに登場したのは次の5人。

板野友美、小嶋陽菜、高橋みなみ、峯岸みなみ、指原莉乃

よく知る5人という感じで盛り上がったのではないでしょうか。

ここから中盤戦です。

19.夕陽を見ているか?

この曲は1期生の板野友美、小嶋陽菜、高橋みなみ、
峯岸みなみの4人です。

20.僕の太陽
21.掌が語ること

ここで3回目のMCです。

MC明けの1曲目はAKB48研究生です。

22.LOVE修行

23.ロマンス拳銃(チームB)

次はHKT48から2曲。

24.メロンジュース(HKT48)
25.初恋バタフライ(HKT48)

9月発売の新曲「メロンジュース」を披露。

頭をガンガンに振る激しい曲ですね。

26.How come!

チームKのパフォーマンス。

27.僕らのユリイカ(NMB48)
28.ナギイチ(NMB48)

確か福岡ドームでも同じ曲だったかな?
NMB48の夏曲2曲です。

29.君のことが好きだから

AKB48研究生による「君のことが好きだから」でした。

研究生にはぴったりの可愛らしい曲です。

HKT48の「君のことが好きやけん」もいいけどね。

30.美しい稲妻(SKE48)
31.オキドキ(SKE48)

SKE48の最新シングル「美しい稲妻」を含む
SKEらしい元気のある2曲。

32.Ruby(チームA)

ここでスペシャルゲスト。

今回はサプライズではなく、前もって告知があった、
あのひとの登場です。

そう、昨年の東京ドームで卒業した、
AKB48の絶対的エースといわれた
あっちゃんこと”前田敦子”の登場です。

33.Flower(前田敦子)
34.君は僕だ(前田敦子)

あっちゃんのソロデビューシングルの「Flower」と
昨年の映画主題歌「君は僕だ」の2曲続けて。

ここで4回目のMCです。

1期生が集まっての懐かしトーク。

海外から直接札幌に駆けつけてくれたそうです。

そして、次はあっちゃんの最新シングルを披露。

35.タイムマシンなんていらない

本日の目玉イベントの終了です。

久しぶりのあっちゃんですが、
何だか、現役とは違った良さを感じました。

36.ポニーテールとシュシュ

今回も咲子さんピアノ独創からのポニシュシュです。

37. 真夏のSounds good!
38.Everyday 、カチューシャ
39.大声ダイヤモンド
40.ギンガムチェック
41.ひこうき雲
42.会いたかった
43.ヘビーローテション
44.さよならクロール

全体曲が8曲続きました。

そして、ここで本編終了。
ここからアンコールとなります。

そして、アンコール1曲目は
福岡ドームで発表となった研究生ユニットの登場。

「てんとうむchu」による
「45.君だけにChu! Chu! Chu!」を披露。

メンバーはセンターのこじまここと小嶋真子を筆頭に、
AKBから岡田奈々、西野未姫、SKEから北川綾巴、
NMBから渋谷凪咲、HKTから田島芽瑠、朝長美桜

各グループの激推しメンバーによるユニットです。

そして、AKB48の新曲

46.恋するフォーチュンクッキー
47.ファースト・ラビット
48.AKBフェスティバル

ここで、札幌ドーム講演は終了です。

今回の札幌ドームは他の会場とは異なり、
1日のみの講演でした。

札幌でコンサートを開催するということで、
札幌を本拠地としたグループが出来るのか
と噂にもなりましたね。

今噂になっている報道に対しては否定しましたが、
将来的には札幌を拠点とするグループを創設したい
との思いは持っているようです。

こうやってコンサートを開催したり、
握手会をしたりすることでファンを増やし、
「私もオーディションを受けたい!」
という若者を増やすのも必要ですね。

次は大阪ドームでのコンサートです。

コメント