第6回AKB48選抜総選挙 さっしー2位の敗因は?

総選挙

選挙開始前、今年のAKB48選抜総選挙はさっしーの連覇が予測されていました。

というのも、昨年獲得した票数に加え、
昨年から今年にかけての1年間もHKTの知名度向上だけでなく、
HKTメンバーのプロデュースなどAKBグループへの貢献度はダントツだからです。

昨年のさっしーとまゆゆの各得票数の差が5万票ほどあり、
速報でも1万票以上の差を付けた上でのさっしーの1位。

1位を疑うほうが難しいくらいの状態でした。

しかし、結果は1万票以上の差をつけてまゆゆの勝利。

さっしーが一万票ほど票数を減らしたのに比べ、
まゆゆは5万票ほど票数を増やしました。

まゆゆが5万票もの票数を増やしたのは
別記事で書いたことが理由だと予測しています。(あくまで予測)

結果的に、さっしーの敗因は昨年からの票数減が理由でしょう。

といっても、14万票獲得です。

2位と3位との差も約4万票です。

いかに、1位と2位の数字がとてつもないかがわかります。

でも、1位には届かず。

これまでのテレビ番組から、
さっしーが票を減らした理由を考えてみたいと思います。

参考にするのが「AKB SHOW」。

この番組で直接さっしーが選挙について語っています。

選挙についてたかみなから質問されたことについて、

・連覇はしたいけど、厳しい
・自分のファンがHKTのメンバーに流れている

と語っています。

この1年は劇場支配人にもなり、HKTのメンバーの売り込み、
知名度アップなどメンバーというより、
プロデューサーとしてのさっしーが目立ちました。

実際、握手会でファンがさっしーの前にきて、
若いメンバーに推し変することを伝えにくることもあるようです。

昨年は、HKTの若いメンバーの知名度向上に尽力したさっしーに感謝の意味を込めて
さっしーに投票したファンも今年は自分の推しメンに投票したことによる
票数減とみることも出来ますね。

しかし、1万票はでかい。

昨年はお祭りのようなさっしー一位に乗っかったヲタではない一般ファンが投票したが、
今年はしなかったということも考えられますね。

コメント