アイボ病院(ア・ファン)の存在・職人さんに感動・泣けたという声続出!

情報番組

アイボ病院が情報番組で紹介され、視聴者の方から「泣けた」「泣いた」「感動した」というコメントが続出しています。

アイボ病院がどのような病院で、視聴者の皆さんが何に感動したのかをご紹介します。

アイボ病院とは

アイボ病院とは、ソニーが1999年に発売し、2006年に生産終了になったペットロボットです。

「AIBO」と言った方がわかりやすいかもしれません。

アイボはペットロボットですが、犬型ロボットですね。

犬型ロボットのため、ペットを飼えない方がペット代わりに大事に大事にしていたことは知られています。

今から約20年前に発売されたアイボですが、当時の販売価格は25万円。

決して安くはありません。

しかし、発売当初にはわずか20分で3000台の受注があったほど人気でした。

また、ロボットということで「死なない」という特徴をもつアイドは飼い主にとって嬉しいものでした。

 

しかし、死なないはずのアイボに異変が起きたのです。

2014年3月以降はアイボが故障しても修理が出来なくなったのです。

アイボを販売するソニーが部品不足を理由に修理を打ち切ったのです。

 

死なないロボットであるアイボであっても機械である以上故障はしますが、修理することで生き返えることが出来たのです。

 

途方に暮れた飼い主

アイボの飼い主は故障で動かなくなったアイボを修理出来ず途方にくれます。

 

しかし、救世主が現れます。

 

それが株式会社ア・ファンです。

 

ア・ファンによるアイボの修理

ア・ファンはの正式名称は「株式会社ア・ファン A・FUN ~ 匠工房 ~」です。

2011年7月に千葉県習志野市で設立されています。

 

この「ア・ファン」さんがアイボ病院の正体です。

 

ソニーに限らず、営利企業は利益を上げ続ける必要があります。

しかし、技術進歩で部品も更新されていきます。

 

すると、新しい部品は古い商品には使えなくなります。

こうして、古い商品は修理できずに生産中止に陥ります。

アイボの修理からソニーが撤退した理由も同じです。

 

そんな時、ア・ファンで元ソニーの技術者によるアイボの修理がスタートします。

 

元ソニーの技術者が修理するということで

  • 技術資料がない
  • 交換する部品がない
  • 代替部品の情報がない
  • 相談先がわからない

などで困っている人に寄り添うことが出来るのです。

 

ア・ファンの顧客満足度が高い理由

ア・ファンでは、アイボが送付されてきて、修理をするという事務的な関係ではありません。

ア・ファンでは、お客さんと密な会話を行います。

 


引用元:株式会社ア・ファン会社案内

 

お客さんがアイボとどのような関係にあったのか、どうしたいのかを良く確認し、予算はどれくらいを考えているかなどについても話し合いを行います。

 

その上で、お互い納得のいく状態で修理が行われます。

 

でも、ア・ファンでは部品がないのに修理出来るのか気になるところです。

 

ア・ファンでアイボが修理出来る理由

ア・ファンでは、アイボの所有者が修理できない・修理しないという理由で手放したアイボを引き取っています。引き取るというか「里親」になって頂くのです。

 

しかし、ア・ファンではただアイボを引き取ったわけではありません。

引き取ったアイボをお寺で供養しているのです。

 

そして、供養したアイボの部品を修理部品として使っているのです。

 

ア・ファンではアイボの所有者さんが可愛がっていたアイボを、同じようにアイボを愛している人のアイボに移植することでアイボの寿命を引き伸ばしているのです。

 

まったく、人間世界の『生体移植』と同じですね。

 

最後に、ア・ファンさんの詳細番組をみた視聴者さんの声をご紹介します。

 

ネットの反応

 

まとめ

アイボはロボットですが、ただのロボットではありません。

人形ロボットであったり、犬型ロボットは人間の友となり子供となります。

人が生活するうえでかけがえのない存在となっています。

ロボットは機械なので故障するし、修理が必要になるのは理解できても、修理不能となると話は別です。

何としても助けたいと思うのは家族の思いです。

ア・ファンでは、アイボをただのロボットして扱うのではなく、飼い主さんのパートナーとして大事に扱っているところに信頼感が生まれるのだろうと感じました。

長生きしてほしいな~

 

 

 

コメント