阿修羅大損失!映画大コケで初週で打ち切り!損失の額はどれ位?歴代記録は?

映画

中国の通販大手「アリババ影業集団」が制作した映画「阿修羅」が公開初週で打ち切りとなりました。

ただ、映画が公開初週で打ち切られることは珍しくありません。

メディがで大きく取り上げられるのは、損失額が莫大だからです。

「阿修羅」が公開打ち切りとなったことでどれ位の損失になるのかをお伝えします。

阿修羅初週打ち切りに伴う損失

「阿修羅」公開打ち切りに伴う損失額を算出するのには「製作費」を算出する必要があります。

この制作費を興行収入が上回れば利益が出て、下回れば赤字ということになります。

「阿修羅」の場合はというと、当然ですが後者です。

なんといっても、公開初週で打ち切りですからね。

 

阿修羅の製作費

「阿修羅」の製作費は日本円換算で約126億円と言われています。

 

この額は中国史上最高の映画製作費用とのことです。

 

これほどの額を出資できたのも「アリババ影業集団」の力であるのは間違いありません。

 

ちなみに、通常の中国映画は「阿修羅」の製作費の半額程度の予算で製作されるそうです。

 

阿修羅の興行収入

既にお伝えした通り、阿修羅は初週で公開打ち切りとなっていますので、興行収入は限られています。

 

この公開初週での興行収入は約8.25億円と言われています。

 

損失額

 

映画の製作費が「約126億円」で興行収入が「約8.25億円」ということは、単純に計算すると

 

『約118億円の損失』

 

ということになります。

 

本当に凄い損失額です。

 

これまでの歴代損失額1位

ちなみに、中国に限らず全世界での歴代損失額の最高は、

「シンドバッド 7つの海の伝説」で、損失額は約140億円と言われています。

 

ということは、この記録は破られなかったということになります。

 

まとめ

約118億円の損失になることを覚悟して公開打ち切りの決断を行ったのには勇気が必要だったことでしょう。

しかし、今の状態のまま上映を続けると運用コストによる損失が増えて、赤字額を更に増やすと判断したのでしょう。

大昔の話ですが、歌手のさだまさしさんが制作した「長江」を思い出しました。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました