【ちょい生】セブンイレブン生ビールサーバー提供中止!理由は?再開の目処は?

ニュース

セブンイレブンでは7月17日より、生ビール(小)を税込み100円で提供開始することを発表していました。

 

なぜ、サービス開始日に中止となったのでしょうか?

セブンイレブンが提供する予定だった生ビール提供サービスを振り返ったあとに中止理由や再開の目処についてお伝えします。

 

生ビールサーバーとは

セブンイレブンが提供予定だったビール提供サービスは「生ビールサーバー(ちょい生)」でした。

会社帰りにコンビニに寄ったサラリーマンの「ちょい飲み欲求」を満たすサービスとして、SサイズとMサイズの2種類を提供予定でした。

価格はSサイズが税込み100円、Mサイズが税込み190円という購入しやすい価格設定がされていました。

 

システムは、セブンカフェと同様にレジでビールを注文し、カップを受け取り、そのカップをビールサーバーに設置し、機械のボタンを押すとビールが出てくるという仕組み。

ちなみにビールは「キリン一番搾り」でした。

セブンイレブンでは、まずは一部の店舗でテスト的に導入し、その結果をみて全国展開を考えていたと考えられます。

 

では、なぜ提供中止となったのでしょうか?

 

セブンイレブンが生ビールサーバーの提供を中止した理由

今回の生ビールサーバー提供中止については大々的にアナウンスされていません。

本サービスの提供が開始される7月17日になって生ビールサーバー提供予定店に張り紙がされていたということです。

 

店舗側に理由を聞くと「本部からの理由」だということです。

 

では、なぜ本部は中止を決定したのか?

 

もともと今回のサービスは全国展開するのではなく、東京都三鷹市の一部店舗でのテスト的なサービスでした。

 

セブンイレブン本社が中止するということは、「テスト出来る状態でなくなった」ということが考えらます。

想像ですが、次のような理由が考えられます。

  1. 苦情が入った
  2. ビールの供給が止められた
  3. ビールサーバーに不具合が見つかった
  4. オペレーションの準備が整っていない

 

今回のサービス提供予定だった店舗はもともとお酒の販売をされていた店舗だと思います。

もし、お酒提供されていない店舗だったら「1」の苦情も考えられますが、ちょっと考えにくいですね。

「2」のビールの提供が止められたは考えられます。

生ビールは居酒屋などへの提供用の入れ物がありますが、コンビニへの影響予定の入れ物の不具合などがあれば今回の中止も考えられます。

「3」も同様ですね。ビールサーバーに不具合が見つかったのであれば正常に稼働するまではサービス提供を中止せざる得ません。

「4」も考えづらいですね。なぜなら、大したオペレーションではないからです。

アルバイト店員がオペレーションする場合も、セブンカフェと全く同じだからです。

 

セブンイレブンから中止に至ったコメントが出るまで見守りましょう。

 

再開の目処は?

生ビールサーバー再開の目処については、先のサービス提供中止になった理由が明らかになるまで明確に出来ない状況です。

なぜなら、中止理由によってサービスが提供するまでの時間が変動するからです。

再開についても、新たな情報を入手次第お伝えします。

 

まとめ

今回のセブンイレブンが提供予定だった「生ビールサーバー」は面白い試みでした。

缶ビールではなく「生ビール」をちょこっとだけ飲んで帰宅するという会社帰りのサラリーマンに受け入れられそうに感じたからです。

出来るだけ早く復活していただきたいですね。

 

 

 

 

コメント