麻原彰晃(松本智津夫)元死刑囚の遺骨を散骨する意味とは?

ニュース

麻原彰晃(松本智津夫)元死刑囚の遺骨の受け渡し先が決定しました。

麻原彰晃(松本智津夫)元死刑囚は死刑が執行される前に四女に遺骨を渡すように告げていましたが、決定していませんでした。

しかし、7月11日決定しました。

結論は、『散骨』することに決定しました。

遺骨を散骨する意味をお伝えします。

遺骨を散骨する意味

今回の遺骨は元オウム真理教の教祖である麻原彰晃(松本智津夫)元死刑囚の遺骨です。

 

この遺骨はただの遺骨ではありません。

 

信者からすると遺骨=神なのです。

 

だから、いまでも麻原彰晃(松本智津夫)元死刑囚の教えを支持している関係者すると是非とも手にしたいものです。

 

だから、麻原彰晃(松本智津夫)元死刑囚の妻は子供たちは渡すようにもとめていると言われています。

 

しかし、四女は母親や兄弟たちとは縁を断ち切っており、遺骨がどのような意味を持っているかを理解しています。

 

そこで、四女は自分のもとに遺骨を置くことでトラブルに巻き込まれることを恐れていましたので、誰の手元にも遺骨を置かない方法を選んだのです。

 

『散骨』は遺骨を粉状に小さくして、海や山に散布することですので、誰の手元にも残りません。

 

散骨こそが、今後のトラブルを防ぐ一番の方法だったと言えるでしょう。

 

まとめ

遺骨をめぐっては、四女自身も自分が指名されて困惑していたことでしょう。

これから、散骨を実現するためには費用面での問題が残っているようですが、社会問題でもあるので政府での対応で対応してもらいたいものです。

 

コメント