【緊急声明】旭酒造(獺祭製造蔵)が今すぐ商品がなくなることはないと声明!

ニュース

獺祭といえば、伊勢志摩サミットで一気に注目され、その後はカンブリア宮殿などのテレビ番組で紹介されたことで、プレミアム感のある日本酒です。

昨今では、販売価格が高騰し、一般消費者が購入できないなどの問題が発生し、旭酒造では「高く買わないでください!」という広告を出したことでも注目されました。

今回、旭酒造さんでは水害で事務所が浸水したため営業活動の停止を余儀なくされました。

また、「獺祭の価格が高騰するのでは」と感じていた消費者さんも多いことでしょう。

そこで、旭酒造さんから「今すぐ商品がなくなることはない」との声明が発表されました。

その真意をご紹介します。

商品(獺祭)が今すぐなくなるこはない理由

7月8日、獺祭を製造・販売する旭酒造さんが消費者に向けて「獺祭が今すぐなくなることはない」という旨の声明を発表しました。

旭酒造さんからすると、獺祭を普段から愛飲してくれている消費者が「高騰した価格で獺祭を購入すること」を心配して声明を発表したと考えます。

 

それは、2017年に出された広告をみてもわかります。

旭酒造さんからすると獺祭がプレミアム化し、一般消費者が手の届かなくなるお酒になることを避けたかったのでしょう。

 

本当に獺祭が好きな方に正規の値段で購入してほしい

 

という思いを感じます。

 

今回の、水害で旭酒造さんでは営業が停止で、お酒の製造開始についても現在は目処がついていません。

 

この状態につけ込んで価格を釣り上げて転売する業者が増えることでしょう。

 

だからこそ、今回旭酒造さんが出された声明は「まだ出荷センターに在庫がある」と伝え、そして、事務所が可動次第出荷すると伝えることで、無理をして高値で獺祭を購入して欲しくないという思いなのだと思います。

 

獺祭については、旭酒造さんのホームページに正規代理店が紹介されていますので、購入する場合は正規代理店で購入しましょう。

 

それが、獺祭を愛して製造販売する旭酒造さんの思いなのですから。

 

しかも、正規代理店で購入するとプレミアム価格ではなく、適正価格で購入できますからね。

 

まとめ

獺祭、美味しいお酒ですね。

ここ数年の人気ぶりには目を見張るものがあります。

そこにきて、今回の水害。

とても心配ですが、旭酒造さんを信じて、一日も早い復活を待ちましょう。

そして、復活したさいは、獺祭を購入することが一番の応援になるはずです。

 

 

 

コメント