【米朝首脳会談】 共同合意文書署名の内容(中身)は?日本への影響は?

ニュース

2018年6月12日、シンガポールにて開催されている米朝首脳会談にて、アメリカトランプ大統領と北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長の間で共同合意文書への署名が行われました。


引用元:http://japanese.yonhapnews.co.kr/

 

当初、トランプ大統領は共同合意文書には署名しないといっていましたが、急遽署名が行われました。

歴史的な共同合意文書署名であるため、喜ばしいことではあるのですが、本当に喜ばしい内容なのでしょうか?

共同合意文書について会見が行われますので内容を確認していきましょう。

また、この共同合意文書に署名されたことで、日本への影響はどうなるのかについても考察してみます。

合意文書の内容

現在、6月12日16時です。共同合意文書の内容についての記者会見は17時からですので、これからお伝えする内容に齟齬がある場合には適宜修正していきます。

それでは、合意文章として記載される内容について見てみましょう。

現時点では、外交関係筋から得た情報をお伝えします。

(1)非核化

トランプ大統領は北朝鮮の非核化は、これまでの敵対関係から新たな関係を築くのためには譲れない内容でした。

今回の合意文書には、金正恩委員長から「朝鮮半島の完全な非核化に努力する」と記載されました。

北朝鮮からすると、「朝鮮半島から完全に核なくすために努力はする」と宣言したことになります。

ここで気になるのは、「努力」という部分です。

「非核化に向けて頑張ってみるけど、約束までは出来ない」と言っているように感じます。

また、何かのきっかけでひっくり返らないのか心配するところです。

一部には、「完全非核化を約束」という報道もありますが、どちらが本当なのかは記者会見を観るまではわかりません。

(2)体制保証

北朝鮮からすると、自国の存続が重大事項です。

だから、「北朝鮮の体制保証の確約」を米国が約束してくれることが重要でした。

この内容についても、合意文書で米国は「努力する」と記載されたという情報と「確約された」と記載されたという情報があります。

これも、「努力」と「確約」は大きな違いです。

どちらが本当なのかについては記者会見の内容をみて適宜修正させていただきます。

(3)新たな米朝関係を築く

これまで、北朝鮮と米国の関係は「敵対関係」にあったと言えます。

この関係について、合意文書では、「敵対関係」ではなく「新たな関係」という言葉が使われています。

ただ、この項目についても「~」を約束するという内容ではありませんので、今後の展開次第でどのように変化するのかわかりません。

 

現時点で得ている合意文書の内容は上記3項目ですが、想定されていた「朝鮮戦争終結」についてはありません。

日本時間17時から行われるトランプ大統領の記者会見では述べられるのかわかりませんが、現時点では残念ながら合意文書には含まれていないようです。

 

日本への影響は

今回の共同合意文書に米朝が署名したわけですが、米国と同盟関係にある日本への影響は確実にあるはずです。

日本からすると「拉致問題解決」が重要な懸案事項なのですが、ご説明させて頂いた通り、現時点の合意文書の内容からは日本への直接的な影響はありません。

しかし、北朝鮮からすると今回の合意で日本からの経済支援を期待していると考えられますので、日本は自国の立場を明確にして、なし崩し的に経済支援することは避けて欲しいものです。

 

まとめ

紆余曲折があった米朝首脳会談ですが、無事終了しました。

最終的には共同合意文書に合意したわけですが、漠然とした内容なのは明らかです。

決して「約束する」という内容ではありません。

双方の立場を悪くしない程度の落とし所だったのでは無いでしょうか。

コメント