変態仮装行列がパワーワード過ぎて流行語大賞ノミネートあるかも!その理由は?

ニュース

『変態仮装行列』というパワーワードが生まれました。

 

このパワーワードを生み出したのは「小野寿幸」さん。

 

このネーミングセンスに称賛の声が殺到しています。

 

この記事では「変態仮装行列」がどのようにして生まれ、何をさしているのかをお伝えするとともに、ネット上の声についてもご紹介します。

 

「変態仮装行列」とは?

 

「変態仮装行列」というワード、聞いた人のみ耳すっと入ってくる言葉でイメージしやすいですね。

 

だからか、一気にバズっています。

 

この「変態仮装行列」というワードですが、もったいぶらずに言うと、昨日の渋谷でのハロウィンに集まった人たちのことです。

 

参加している人たちからすると、個人個人が思い思いのコスプレをして渋谷の街を練り歩いているのですが、中には暴徒とかしたり、痴漢などの犯罪を犯すものも混じっています。

 

また、渋谷に集まった人たちによって渋谷センター商店街の店舗は営業時間を短縮するなどの対応を余儀なくされています。

 

このような事態を鑑みて、渋谷センター商店街振興組合の理事長である「小野寿幸」がテレビのインタビューで渋谷にハロウィンで集まった人たちを「変態仮装行列」と表現したのです。

 

冒頭でお伝え下通り、小野寿幸が口にした「変態仮装行列」というワードは一気にバズったのです。

 

 

「変態仮装行列」に対するネット上の声をご紹介します。

 

 

ネット上の声

 

 

まとめ

 

「変態仮装行列」というワードに納得している人が多い一方で、コスプレ文化を確立したいと真剣に考えている方々にすると嬉しくないワードなのかもしれませんね。

実際、渋谷に集まった人のほとんどは迷惑行為を行っていないのですから。

ただ、渋谷という街が日本を代表するような場所であり、国内だけでなく国外にも紹介される街であると考えると、渋谷区長が発言している通り条例を作るなり早急な対応が必要になるでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました