樋田淳也 身柄確保(再逮捕)の瞬間がダサい理由!身元判明の決め手はコレ!

ニュース

8月12日に大阪府富田林署を脱走し逃げていた樋田淳也容疑者が逮捕されました。

逮捕されたのは近畿地方ではなく山口県でした。

大阪府警では厳戒態勢を敷いていたにも関わらず、あっさりと包囲網をくぐり抜けたことになります。

大阪府警としては面目を潰された格好です。

しかし、逃げ続けていた樋田淳也容疑者ですが、身柄確保(再逮捕)の瞬間はダサかったですね。

決め手となった身柄確保の決めてとともにご紹介します。


【関連記事】
【顔画像】東浩司容疑者(樋田淳也容疑者の自転車仲間)の言い訳と逮捕容疑がヤバイ!
東浩司容疑者が樋田淳也容疑者と行動するきっかけが笑える!山口県までの経路も徐々に明らかに!
樋田淳也容疑者が東浩司容疑者を使って警察から逃れた真相がヤバイ!
櫻井潤弥の偽名で記念写真撮影に応じる樋田淳也容疑者がピースサイン!
東浩司の母親は最悪(死)覚悟も自転車で日本一周で逮捕なんてと驚きを語る!
高知県警と山口県警の●●の差が樋田淳也容疑者逮捕の分岐点だった!(NEW)


 

樋田淳也容疑者の逃走経路(振り返り)

樋田淳也容疑者は8月12日大阪府警富田林署から脱走しました。

樋田淳也容疑者の逮捕容疑が「窃盗」や「強制性交」だったからです。

樋田淳也容疑者が逃げた富田林市周辺住民の中でも女性は恐ろしい思いをしたことでしょう。

その後、大阪符のいろいろな場所で樋田淳也容疑者らしき人物が発見されます。

例えば、次のような場所です。

 

  • 8/12 大阪府松原市(ミニバイク盗難)
  • 8/13 大阪府羽曳野市(ひったくり)
  • 8/13 大阪府大阪市平野区(ひったくり)
  • 8/14 大阪府大阪市生野区(ひったくり)
  • 8/15 大阪府大阪市東住吉区(ひったくり)
  • 8/15 大阪府羽曳野市(ひったくり)→同日、現金が抜き取られた財布が大阪市東淀川区で発見

 

ご覧頂くとわかりますが、樋田淳也容疑者は脱走した8/12から3日間はいろいろな場所でひったくりを行いその姿が確認されていますが、その後1ヶ月以上は全く足取りが確認出来ない状況でした。

 

そんな中、9月上旬に東京品川で樋田淳也容疑者に似ている男がいると通報があったことが報道されるも確認出来ずでした。

 

そして、ついに9/29に脱走した富田林署から約360kmも離れた山口県で身柄確保となりました。

 

身柄確保の瞬間

ついに大阪から遠く離れた山口県で樋田淳也容疑者の身柄が拘束されたわけですが、身柄拘束の瞬間はダサいですね。

 

というのも、これまで準備周到に警察の監視くぐり抜けてきたわけです。

 

それなのに、身柄確保の場所が『道の駅』なんてダサくないですか?

ちなみに、道の駅の具体的な名前は「道の駅ソレーネ周南」です。

〒745-1131 山山口県周南市戸田2713

 

 

樋田淳也容疑者が身柄確保された瞬間に発した言葉もダサいです。

 

何するんか、離せや」です。

 

大阪弁ではないですね。

大阪弁だったら「なにすんねん、離せや」になるはずですから。

 

そして、変装しているのか「丸刈り」だったとのことです。

 

そして、道の駅では窃盗容疑で逮捕されたわけですが、盗んだものも「餅」「菓子パン」「ロースとんかつ」「缶コーヒー」「紅茶」、合計金額は「1053円」だったそうです。

 

食料の確保だったようですね。

 

身元判明の決め手

樋田淳也容疑者は身柄確保時に名前をはじめとする個人情報を語っていません。

しかし、容姿は丸刈りにして、名前を名乗らなくてもあっけなく樋田淳也容疑者と特定されてしまいます。

 

その決め手は次の2点です。

 

  1. 左足ふくらはぎの入れ墨
  2. 指紋

 

いくら素性を隠そうと思ったとしても上記のような特徴があれば隠せませんね。

 

特に「ふくらはぎの入れ墨」はわかり易すぎます。

 

樋田淳也容疑者身柄拘束に対する声

 

 

まとめ

脱走から約50日間、警察の目をかいくぐり逃げていましたが、最後はあっけなく身柄を確保されてしまいました。

これで、樋田淳也容疑者による犯罪に怯えなくて済みますね。

警察組織としては恥ずべきことでしょうが真摯に反省して頂きたいと思います。

コメント