【球磨川氾濫】人吉市浸水で西瀬橋は流され青井阿蘇神社は鳥居下まで浸水

ニュース

九州では大雨が続いていますが、特に熊本県では球磨川が氾濫し、人吉市と八代市を中心に街全域が浸水するなどが発生しています。

 

 

街中が水に浸かっている姿はショッキングですが、まさかの西瀬橋は流され、青井阿蘇神社は鳥居下まで浸水しているのです。

 

この記事では、球磨川氾濫による影響を大きく受けている人吉市の状況を西瀬橋青井阿蘇神社の状況を中心にお伝えします。

 

【球磨川氾濫】八代市冠水で深水橋と青肥薩線球磨川第一橋梁が流される
線状降水帯が熊本県上空に発生したことで熊本県は大雨となり大きな被害が生じています。 橋梁流失、駅に土砂…熊本の鉄道施設に被害多数 新幹線もストップ JR肥薩線の人吉駅など複数の駅で線路が冠水し、八代市の球磨川第一橋梁が流失。...
野上川(大分県九重町)氾濫でJR久大線の鉄橋崩落現場が怖すぎる!
7月6日から7日にかけて長崎県、福岡県、大分県を溶断するように線状降水帯ができ、各地で被害が起きています。 大分県では野上川が氾濫し鉄橋が崩落するなどの被害が出ていますので、現時点でわかっている情報をお伝えします。 ...
日田市を流れる玖珠川・三隈川氾濫で天瀬町は浸水・道路陥没・崖崩れ等被害多数!
九州地方に連なる線状降水帯の影響で福岡県、長崎県、大分県では大きな影響を受けています。 大分県では筑後川に大量の水が流れたため、一部で氾濫するなど影響を受け、筑後川とつながる日田市内を流れる玖珠川や三隈川も各地で氾濫しています...
【岐阜県被害】飛騨川氾濫で下呂市国道41号崩落、高山市滝町は土砂崩れ
昨夜(7月6日)から降り続いた大雨の影響で、岐阜県と長野県では大雨特別警報が出されていました。 7月7日早朝には飛騨川氾濫により、下呂市では浸水や国道41号の崩落、高山市滝町では山肌が崩れての土砂崩れは発生するなど、岐阜県各地...

 

球磨川の氾濫

 

球磨川は熊本県南部を流れる一級河川で、熊本県最大の川です。

 

下記が通常の水位時の球磨川の様子です。

 

 

球磨川の上流には市房ダムがありますが、今回の雨で市房ダムの水位が危険水域に達しているということで放流が囁かれていました。

 

しかし、市房ダムに溜まった水を放流する前に球磨川が氾濫してしまったのです。

 

現在は下記のような状況です。

 

 

球磨川は熊本県最大の川ですので、川幅も広く川を流れる水量も膨大ですので、短時間で大雨が降ることで一気に水位が上がり、西瀬橋は流され青井阿蘇神社は鳥居の下付近まで浸水する状況となっています。

 

青井阿蘇神社が浸かるくらいの水位ですので、人吉市の人家では2階の屋根付近まで水に浸かっています。

人吉市の被害状況

 

 

人吉市は熊本県の最南部に位置し、土地としては盆地で球磨川のような大きな川だけでなく、支流も多く、年中雨の多い土地とのことです。

 

今回の大雨は盆地という地形と球磨川という大きな川だけでなく多くの支流が集まっているということが影響したのか人吉市では大きな影響を受けています。

 

 

西瀬橋

 

 

西瀬橋は人吉市相良町にある橋で、この橋が完成したのはいまから54年前の1966年3月です。

 

 

西瀬橋は球磨川と夕焼けのコントラストが美しいということで絶景ポイントとして人気の場所でもありアニメ「夏目友人帳」のモデルにもなっているとのことです。

 

 

この西瀬橋が今回の大雨で流されてしまったのです。

 

 

すごい水の量です。

 

橋が流されただけでなく、街仲にもかなりの量の水が流れ込んでいることがわかります。

 

 

流される前の西瀬橋付近は水量が少なく、橋が冠水し流されることなんて想像出来ません。

 

青井阿蘇神社

 

青井阿蘇神社は、人吉市青井町にある神社で地元で親しまれている神社です。

創建されたのは今から1214年前の西暦806年。

 

鳥居の高さについての詳細はわかりませんが、5mはあるのではないでしょうか?

 

 

この青井阿蘇神社の鳥居のほとんどが水没する事態となっています。

 

 

ほんの数時間で鳥居が水没するなんて信じられません。

 

まとめ

 

最近の梅雨末期には大雨になることが多いですが、今回の人吉市付近は線状降水帯が発生したことで、一昨年の岡山県真備町を彷彿させる状況です。

 

球磨川は緊急放流が必要なほどの水量となっているだけでなく、明日にかけて更に多くの雨が降るという予報が出ていますので、現在被害が少ない土地であっても十分気をつけて、早めの避難を心がけて頂きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました