泉谷直樹(12階から自転車投げ落とし)容疑者逮捕後の言い訳がヤバイ!そんなの通用しません!

ニュース

泉谷直樹容疑者が逮捕されました。

 

泉谷直樹容疑者が行ったとされる行為は本当に悪質な行為ですので早く犯人が逮捕されることを待っていました。

 

今回は奇跡的に死者は出なかったものの死者が出ても不思議ではない事件でした。

 

泉谷直樹容疑者が事件をまとめてみます。

 

泉谷直樹容疑者のプロフィールと犯行内容

 

 堺市で8月、14階建ての大阪府営住宅から自転車が投げ落とされ、当たった女性が重傷を負った事件で、大阪府警は19日、大阪市生野区中川西1丁目の無職泉谷(いずたに)直樹容疑者(26)を殺人未遂の疑いで逮捕し、発表した。泉谷容疑者は「女性を狙ったつもりはない」と供述しているという。

堺署によると、逮捕容疑は8月28日午後3時15分ごろ、堺市堺区戎島町1丁の府営住宅12階から、自転車1台(重さ約20キロ)を約30メートル下に投げ落とし、地上階を歩いていた住民女性(76)に当てて殺害しようとしたというもの。女性は頭部を約15センチ切るなどの重傷を負った。

出典:朝日新聞デジタル

 

泉谷直樹容疑者のプロフィールと顔画像

 

氏名 泉谷直樹(いずたになおき)
年齢 26歳
住所 大阪府大阪市生野区中川西1丁目
職業 無職

 

泉谷直樹容疑者は大阪府大阪市生野区中西1丁目に住居がある26歳の男性でした。

 

最近思うのですが、わいせつ行為等で逮捕される容疑者に無職の人物が多いことです。

 

無職ゆえに気性が荒くなるのか気になるところです。

 

しかし、これからご紹介しますが、泉谷直樹容疑者が行った行為は気性が荒いでは済まされない凶悪な犯罪です。

 

では、犯行内容を確認してみましょう。

 

犯行内容まとめ

 

容疑者 泉谷直樹
犯行日時 2018年8月28日15時15分頃
犯行場所 大阪府堺市堺区戎島町1丁目(府営堺戎島住宅12階)
容疑 殺人未遂
被害者 女性(76歳)
被害状況 頭部裂傷(15cm)
犯行内容 泉谷直樹容疑者は府営堺戎島住宅12階から自転車を地上に投げ落とし、地上を歩いていた女性(76歳)に当てて殺害しようとした。

 

泉谷直樹容疑者は2018年8月28日15時15分頃、大阪府堺市堺区戎島町1丁目の府営住宅堺戎島住宅12階から重量約20kgの自転車を地上30mから投げ落とした疑いです。

 

この行為により、地上を歩いていた76歳の女性に自転車があたり、頭部に15cmの裂傷を負いました。

命があって奇跡です。

 

泉谷直樹容疑者逮捕の経緯

 

泉谷直樹容疑者は堺戎島住宅12階から自転車を地上に向かって投げ落としたわけですが、当時不審な男が目撃されていたのです。

 

どこが不審なのかというと、「奇声をあげていた」というのです。

 

奇声というのは響くからか複数の住民がその様子を目撃していたということで、警察は防犯カメラを調査します。

 

すると、事件直後に現場から逃げ出す男性が映っており、この手がかりをもとに操作を続けた結果、泉谷直樹容疑者に辿り着いたというわけです。

 

泉谷直樹容疑者の犯行動機は?

泉谷直樹容疑者は犯行場所である堺戎島住宅12階で口論していたということです。

 

そして、その時の『怒りから自転車を投げ落とした』というのです。

 

これって、かなりヤバイ人物ですね。

 

余罪の可能性は?

 

泉谷直樹容疑者は怒りにまかせて自転車を地上30mの場所から自転車を投げ落としました。

 

通常、たとえ怒りがこみ上げてきたとしても、地上30mの場所から自転車を投げ落とせばどうなるか想像出来るはずです。

 

そのことも想像出来ずに犯行を起こしたとなると、今回の事以外でも同じような行動を取っていると考えても良いのではないでしょうか?

 

泉谷直樹容疑者は無職ということでしたが、このような特性を持っていれば職場でも自分勝手な行動を行っていたはずです。

 

そうなると、職場の同僚や上司との関係も悪くなるでしょう。

 

泉谷直樹容疑者が就職していたのかはわかりませんが、アルバイトをしていたとしても同様なことが言えると思います。

 

 

ただ、今回のような人の命に関わるような余罪があったかどうかはわかりません。

まとめ

本当に凶悪な犯罪です。

幸い命にかかわるような事態にならなかったのが奇跡です。

15時頃の犯行であれば、もっと多くの人が被害にあっていたとしても不思議ではありませんし、命を落としていた方がいても不思議ではありません。

泉谷直樹容疑者は自分の感情を抑えられない人物のようなので、再犯防止策が重要だと感じます。

コメント