海部観光バス運転手乗客放置理由は指導員かも!乗客が指導員に腹立っていた理由!

ニュース

海部観光バスの運転手がパーキングエリアで乗客を放置するという事件が明らかになりました。

運転手が乗客を放置するなんてことが発生し、運転手の責任が問われますが、実際にバスに乗っていた乗客の反応は以外に運転手の指導員に対しての非難の声が高かったようです。

どのような内容なのかをお伝えします。

報道内容

海部観光(徳島県美波町)の阿南発大阪行き高速バスで6月12日、50代の男性運転手が同乗する指導員の指示に逆上して運転を途中でやめ、淡路島南パーキングエリア(PA)に停車したまま乗客17人が約1時間待たされていたことが分かった。四国運輸局は5日、同社と、運行を担っていた関連会社に10月24日付で文書警告の行政処分を行ったと発表した。

同社や運輸局によると、運転手は入社したばかりで、高速道路を走行中に低めのギアで走っていたため50代の男性指導員がギアを上げるよう指示した。しかし従わず、同PAに入った後、運転を拒否した。指導員は運転する際に必要な健康状態などのチェックを受けていなかったため代わりに運転をせず、乗客は約1時間後に同PAに到着した大阪行きの後続便に乗り換えた。

運転手は県内外のバス会社で運転歴があった。問題のあった2日後に退職した。

出典:徳島新聞

 

報道内容まとめ

 

バス会社 海部観光
行き先 阿南発大阪行き
乗客人数 17人+運転手+指導員
問題点 観光バス運転手運行を中止して乗客を放置
日時 2018年6月12日
場所 淡路島南パーキングエリア
被害者 乗客(17名)
被害状況 淡路島南パーキングエリアで約1時間停車したため乗客の中には予定していた会議に間に合わないなどの被害が発生。

 

今回の問題となった海部観光バスは海部発大阪行きの高速バスです。

 

問題が発生下場所は「淡路島南パーキングエリア」ですので、海部を出発してすぐに問題が発生したということになります。

 

どのような状況で高速バスの運転手が運転を取りやめたのかを確認してみましょう。

 

高速バス運転手が運行中止した理由

 

今回の事件が発生した原因は次の2名間の問題といえます。

 

  • 運転手(50代)
  • 指導員(50代)

 

運転手は、海部を出発したあとわずか15分ほど経った「淡路島南パーキングエリア」で運行を取りやめました。

 

バス運転手が運行中止した理由

 

運転手が運行を中止した次の通りです。

 

『指導員の指示に逆上』

 

ということは、バスの運転手は出発してから15分間ほどで、指導員から我慢出来ないことをされたということになります。

 

気になるのは、バス運転手と指導員の間で何があったのかということが、次のようなことがあったようです。

 

『指導員にギアを上げるように指示された』

 

指導員の供述

 

指導員によると、高速道路を走行するのにトップギアではなく、低めのギアで走っていたので、ギアを上げるように指示したとのことです。

 

マニュアル車を運転する方であればわかると思いますが、マニュアル車の場合、低いギアから高いギアに速度や道路状況に応じてギアチェンジを行います。

 

高速道路のようなスピードを出して走るときはトップギアまで上げるのが通常の行動です。

 

ギアをトップギアに上げることで少ない力で車を動かすことができるため、燃費が良くなるからです。

 

これだけをみると、指導員の指示は普通のことで、運転手がキレる理由がわかりません。

 

 

バスの運転手は、指導員の指示に従わず、バスを「淡路島南パーキングエリア」に停車することになるのです。

 

これだけをみると、『運転手に非がある』ように思えます。

 

そして、ここからが問題となる部分です。

 

バス運転手はなぜ指導員の指示に従わなかったのか?

 

今回の問題は、指導員の指示に運転手が従っていれば発生していない問題です。

 

バスの運転手はバスをパーキングエリアに停めてバスの運行を停止したわけですが、このような行動を取ると乗客に迷惑がかかることは十分理解できたいたと思います。

 

しかし、乗客への迷惑よりも自分の感情を優先したわけです。

 

想像ですが、バス運転手と指導員の間では指導をめぐって、つもりに積もる軋轢があったとも考えられます。

 

次は、バスがパーキングエリアに停車したあと何が起こったのか、また、乗客がバス運転手よりも指導員に腹立ちを覚えているという内容をご紹介します。

 

淡路島南パーキングエリアに停車後

 

海部観光バスは淡路島南パーキングエリアに停車するわけですが、ここで「乗客はバスの外に降車」させられたようです。

 

そして、こともあろうか、『バスの運転手と指導員はマイクを通じて大きな声で喧嘩を始めた』とのこと。

 

ちなみに、バスの中には妊婦さんもいたようです。

 

ただ、ここまでの情報だけだと、運転手だけに問題があるように思えますが、乗客の言葉からは、どちらかというと指導員に問題があるという声が多いようなのです。

上記のツイートは、問題となったバスに乗車していた乗客の方のもののようですが、ようやくすると次のようなことが書かれています。

 

  • 新聞は良いように書いている
  • 乗客は指導員に対する腹立たしさしかない

 

バス運転手と指導員がどのような内容で喧嘩していたのかはわかりません。

 

しかし、事の成り行きを聞いていた乗客はバスの運転手よりも指導員に腹を立てているのです。

 

具体的には、『乗客を地面で待たせる』『質問に答えない』など。

 

とはいっても、乗客はパーキングエリアで約1時間、それも車外で待たされたのです。

 

通常だと、運転手に腹を立てるのが普通なのではないでしょうか?

 

乗客からすると、バスさえ動かしてくれ、目的地に定刻通り到着してくれれば良いのですから。

 

それなのに、運転手よりも指導員に腹が立つということは、運転手と指導員のやり取りや乗客に対する接客態度が悪かったということがあったのかもしれません。

 

なぜ今になって問題が明らかになったのか?

 

既にお伝えした通り、今回の問題が発生したのは2018年6月12日のことです。

 

そして、新聞報道が行われたのが2018年11月6日です。

 

問題発生から5ヶ月が経過してから報道されたことになります。

 

なぜ、今になって報道されたのかですが、次のような経緯があったようです。

 

『乗客からの苦情』

 

乗客から具体的にどのような苦情があったのかは明らかにされていませんが、運輸局が監査を実施したところ、運転手全員に受講させるべき安全講習を怠っていたことが発覚したことから発覚したようです。

 

確かに、バスに乗っていた指導員は運転手であるにもかかわらず、バスを運転するために必要な健康状態チェックなどを行っていなかったとのことです。

 

指導員がバス運転に必要なチェックを受けていたならばバスの乗客がパーキングエリアで約1時間も待たされることはなかったのです。

 

まとめ

 

正直、今回の報道については、公開されている情報が少ないと感じました。

報道内容だけをみると、バスの運転手が一方的に悪いと感じます。

しかし、本文でご紹介したバスに乗っていた乗客のツイートをみると、報道内容にある意図を感じるようなことが書かれています。

更にいうと、乗客たちはバスの運転手よりも指導員に腹立ちを覚えているということです。

ということは、報道内容はバスの運転手が悪い印象を受けるように作られているとも考えられますね。

真実を伝えるためには、バス運転手と指導員の間で行われた喧嘩の内容を知らせるべきではないでしょうか?

コメント