黄瀬川大橋折れる程の氾濫危機!牧堰橋付近(沼津市大岡)で住宅が流され鮎壺の滝もヤバイ

2021年7月3日未明から全国で大雨が続いていますが、静岡県では黄瀬川大橋が折れる程の雨と水流により氾濫危機となっており、沼津市大岡にある牧堰橋付近では家が流れたとの衝撃情報と映像が報告されています。

 

この影響で旧国1では大渋滞となっている模様です。

 

また、鮎壺の滝も水流がすごくてヤバイ状況です。

 

現時点でわかっている情報をお伝えします。

 

熱海市伊豆山土砂崩れ動画がヤバイ!土石流で住宅が雪崩のように流された【速報】

黄瀬川大橋折れる程の氾濫危機!旧国1通行不可

 

静岡県沼津市では降り続いた雨の影響で黄瀬川大橋折れ曲がったとのことです。

 

今回、黄瀬川大橋折れ曲がったということですが、その画像が下記です。

 

 

明らかに折れているという状況ですね。

 

ただ、幸い崩落や橋が流された状況ではないようです。

 

黄瀬川大橋が折れ曲がったのは残念なことですが、このまま橋が流されることがなければ、復旧には多くの時間が必要ではないでしょう。

 

しかし、橋が流されるとなればちょっと状況は変わってくるでしょう。

 

なぜなら、折れ曲がった部分については補強というか、ジャッキでもと上げるなどで対応できそうですが、橋が流されてしまうと、橋そのものから作り直さなくてはならないと思われます。

 

なんとか、橋が流されないことを願いたいものです。

 

橋は住民にとっては生活する上で重要な役割を果たしています。

 

黄瀬川大橋があるのは沼津市と清水町の間です。

 

この場所を通る道路には旧国1(国道1号線)が通っています。

 

この道路が通行不可ということで渋滞となっている模様です。

 

牧堰橋付近(沼津市大岡)で家が流された

 

沼津市では黄瀬川大橋が流されただけではありません。

 

住宅が流されたとの情報が入っています。

 

住宅が流されたのは沼津市大岡とのことです。

 

 

上記画像を見る限り、住宅が流される瞬間はかなり衝撃的ですし、道路に水が超えているのがわかりますね。

 

鮎壺の滝がヤバイ

 

鮎壺の滝は黄瀬川に沿ってある滝ですが、この滝も濁流で普段の様子とは全く異なった状況で本当にヤバイ状態になっています。

 

 

本当に自然の恐ろしさを再認識させてくれます。

 

まとめ

 

今回の静岡県付近は線状降水帯の危険性が天気予報でされていましたが、またしても大きな被害がおきてしまいました。

 

あらかじめ注意していても、防げるわけではありませんので、人名を重視した避難対応も重要ですね。