高知県立大学がヤバイ!絶版本(高値)など3万8000冊焼却!なぜ?

ニュース

高知県立大学がヤバイです。

古本屋でも入手が困難だと言われる絶版本で高値取引されている本など3万8000冊を焼却したというのです。

なぜ、このような事態になってしまったのか、どのような本が含まれていたのかをご紹介します。

高知県立大学が3万8000冊を焼却した理由

通常では貴重な本を焼却するなんて考えられません。

では、なぜ高知県立大学は基調な本を焼却したのでしょうか?

 

今回の舞台は高知県立大学の永国寺キャンパスです。

永国寺キャンパスでは、昨年図書館が新設されています。

 

その際、旧図書館から蔵書を新図書館に移すことになるのですが、問題が発生しました。

 

それは、新図書館は旧図書館より狭いということ。

 

だから、旧図書館の蔵書すべてを新図書館に移すことが出来なかったのです。

 

その結果、約3万8000冊の蔵書を『焼却処分』にしたそうです。

 

旧図書館の本すべてを新図書館に移せないにしても、なぜ焼却処分なのでしょうか?

 

焼却処分された約3万8000冊の中には雑誌が1万2700含まれているそうなので、単行本や新書の数は約2万5000冊ということになります。

 

この約2万5000冊の中には複数所蔵している本が約1万8000冊あったということですので、完全に存在自体が亡くなった新書や単行本は約6700冊となります。

 

問題はこの約6700冊です。

 

貴重な本を焼却処分

焼却処分された約6700冊の中には古本屋で高値で取引されるような貴重な本が含まれていました。

この中には、郷土本や絶版本なども含まれています。

 

中でも、高知県に関わりのある郷土本と言われる「萬葉集古義」「自由民権運動研究文献目録」「日本植生誌」などが貴重な本だということです。

「萬葉集古義」は大正時代から昭和初期に発行されており、「日本植生誌」については、10年もの年月をかけて日本全国の自然植生を調べてまとめられた本で貴重です。

更に、戦争体験をまとめた本などが含まれていたとのことです。

 

 

なぜ、焼却処分が選択されたのか?

高知県立大学大学としては図書館の大きさで蔵書を減らさなければならかったのでしょう。

しかし、どのような経緯を経て焼却処分が選択されたのかが気になるところです。

 

大学の図書館には司書が在中していますが、司書が先程ご紹介したような貴重な本を焼却しても良いと判断したのでしょうか?

 

更に、大学側も焼却を承諾したわけですが、歴史的にも貴重な本が含まれていたことを認識していたのでしょうか?

 

焼却するということは存在自体をなくしてしまうことです。

 

貴重な本で、更に傷んでいたのであればスキャンして電子データとして保存するという選択肢もあったはずです。

 

安易に焼却処分を選択したわけではないと思うので、焼却処分を選択した経緯を大学側は明確にして頂きたいと思います。

 

まとめ

今回、高知新聞から高知県立大学の図書3万8000冊が焼却処分されたと報道されました。

大学側としては、貴重な本が含まれていたことも把握していて、明確な理由があるのであれば、県民にはっきりと説明すべきなのではないでしょうか?

 

 

 

 

コメント