首吊り気球に西川貴教も怖い!まさゆめPJに海外の反応やオリンピックとの関係は?

ニュース

代々木公園に巨大な顔の首吊り気球が現れ大注目されています。

ミュージシャンの西川貴教さんも怖いびっくりされたとのこと。

実はこれ、アートプロジェクト「まさゆめ」として行われたことなのですが、これほど大きな気球を飛ばすことに誰の許可を得たのかとか海外の反応が気になるという声も聞こえてきます。

この時期に、東京上空に巨大な顔の気球を飛ばすのは東京オリンピックと関係あるのでしょうか?

それにしても、現代アートとのことですが、思い切ったことしますね。

あまりにもインパクトが大きいのでトラウマになりそうとの声も聞こえてきます。

首吊り気球に西川貴教も怖いとびっくり

2021年7月16日、西川貴教さんは、朝起きてびっくりしたそうです。

なぜなら、目の前に女形の巨人がいたからです。

当然ですが、大きなものなので多くの人がこの巨人を確認しています。

首吊り気球」とも呼ばれていますね。

伊藤潤二先生の作品を思い浮かべた方が多いようです。

実はこの巨大な顔の首吊り気球はあるプロジェクトの一貫だったのです。

首吊り気球は「まさゆめ」プロジェクト(目[mé])

 

今、注目されている巨大な顔の首吊り気球ですが、「まさゆめプロジェクト」の一貫だったのです。

このプロジェクトの目的は「誰かの顔を浮かべる」とのことです。

このプロジェクトを企画したのは「目[mé]」というアートチームです。

六本木未来会議に所属する荒神明香さんの夢から考えたとのことです。

現在、巨大な人の顔の首吊り気球が東京の空に浮かんでいるわけですが、世界中から募集した実在する人の顔とのことです。

この時期に、このような気球を飛ばしたのには東京オリンピックが関係しているのでしょうか?

まさゆめPJに海外の反応が気になるしだれが許可したの声!東京オリンピックとの関係は?

 

巨大な人の顔の首吊り気球が「まさゆめプロジェクト」の一貫であることはわかりました。

ただ、東京オリンピックを間近に控えた今、実施したのには意味があったのではないでしょうか?

現在の東京はオリンピク目前ということで海外からの注目も高くなっています。

その東京上空に巨大な顔が浮かべば世界中に注目されるはずです。

海外の反応がどうなのか気になるところですね。

そして、当然ですがこのプロジェクトは誰の許可もとらずに実施したとは思えません。

東京都の許可を取っていることでしょう。

東京都しても、新型コロナの影響で東京オリンピックを無観客で実施するということで、悪いイメージが先行しているので、良い意味で注目されるメリットを考えたのではないでしょうか?

まとめ

 

突如、東京上空に巨大な顔をした首吊り気球が現れて注目されているので、この顔は何なのか、どのような目的で実施されたのか、気になることなどについてお伝えしました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました