【動画】中洲ひき逃げの瞬間がヤバい!タクシー運転手のアクセルとブレーキ間違い?

福岡県の繁華街である博多中州に置いてタクシー運転手によるひき逃げ事件が発生しました。

タクシーの前に仁王立ちするヤンキー風の男性にタクシーが急発進してボンネットに男性が乗り上げられる状況がはっきりと写っています。

ひき逃げ事件の瞬間をとらえた動画をご紹介するとともに、この動画から分かることについてお伝えします。

ひき逃げ事件の瞬間動画

まずはヤンキー風の男性がタクシーにひき逃げされる瞬間をご覧ください。

この動画を見ると、ひき逃げされた男性は一人ではなく複数人でその場にいた様子が伺えます。

そして、男性たちとタクシーの間で何らかのトラブルが発生し、一人の男性がタクシーの前に仁王立ちします。

驚いたタクシー運転手は運転席から出ようとします。

その瞬間、タクシーはゆるゆると前進し出すのです。

タクシー運転手は慌てて運転席に戻ります。

ここからが今回のひき逃げ事件の焦点となる部分です。

慌てて運転席に戻ったタクシー運転手ですが、その瞬間タクシーは急加速して男性をはねるのです。

一種の出来事で男性はタクシーのボンネットに乗り上げられます。

しかしタクシーは止まることなくその場を立ち去ります。

惹かれた男性やその仲間たちはタクシーを追いかけるという場面まで動画には写っています。

男性を引いたのは故意ではなく過失?

動画を見る限り、タクシー運転手が意図的に男性を引いたようには見えません。

なぜなら、ヤンキー風の男性がタクシーの前に立った時運転手は一旦外に出ようとします。しかし車が動きだしたため 慌てて運転席に戻ります。

もし、タクシー運転手がその場から立ち去りたいのであれば、ハンドルを右に切り男性が車の前にいない状態で加速するはずです。

それなのに、タクシーは急加速して男性をはねたのです。

おそらく、タクシー運転手は勝手に動き出した車にびっくりしてアクセルとブレーキを踏み間違えたのではないかと予測されます。

この動画を見た多くのネットユーザーも同じような見解を述べています。

 

最後のツイートであるように、なぜ突発的な事故なのにこんなにはっきりと動画撮影されているのかが気になります。

 

考えられるのは、今回のひき逃げ事故の前に回りの人が注目するほどの揉め事があったのではないでしょうか。

 

しかし、ひき逃げには違いないでしょう。

ひき逃げには変わりない

仮に今回の事故が故意ではなく過失だったとしてもひき逃げには変わりないでしょう。

なぜなら、 タクシー運転手は男性を車で轢きその場を立ち去っているのです。

これは、 何とも言い訳のきかない間違いなくひき逃げです。

ひき逃げ行ったタクシー会社は?運転手の名前は?

どのタクシー会社の誰が運転していたのか気になるところですが、現在のところ明らかになっていません。

しかし、 車の形は通常のセダンタイプのタクシーではないこと、デザインがはっきりわかることから、タクシー会社が特定されるのは時間の問題でしょう。

そして、ひき逃げを行ったタクシー運転手も間違いなく特定されるはずです。

まとめ

今回のひき逃げ事件はヤンキー風の男性たちとタクシー運転手の間で何らかのトラブルが発生し、トラブル回避を試みてその場から立ち去ろうとしたタクシー運転手の操作ミスによって引き起こされた事故だと考えられますが、被害者をそのままにしてその場を立ち去ったのは間違いありません。

たとえ、タクシー運転手の過失だったとしてもその場を逃げ出したことは間違いないのでひき逃げ事件として扱われると思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました