コロナ感染70代女性(70代)が使ったバスツアーと入院している病院は?

ニュース

また新しく新型コロナウイルス感染者が明らかになりました。

 

 

感染が明らかになったのは千葉県在住の70代女性です。

 

ただ、70代女性が新型コロナウイルスへの感染が明らかになるまでの足取りが今後大きな問題になりそうです。

 

この記事では懸念される問題点と、70代女性の感染までの足取り、現在入院している病院などについて調べましたのでご紹介します。

 

 


関連記事 

わかりやすくエアロゾル感染と飛沫感染・空気感染の違いを説明!
新型コロナウイルスがエアロゾル感染すると中国が発表しました。エアロゾル感染はあまり耳にしませんので、飛沫感染・空気感染との違いをわかりやすく説明します。
福岡市60代男性が新型コロナウイルス感染って誰で病院の名前はどこ?感染経路は?
毎日のように伝えられる新型コロナウイルスへの感染者ですが、今度は新たに福岡市で初めて感染者が出たと発表されました。 【全文掲載】福岡市で新型コロナウイルス感染確認 高島市長会見の一問一答#西日本新聞 — 西日本新聞web...
DMAT30代看護師防護服着用でもコロナ感染!新幹線移動で飛沫・空気感染の可能性
和歌山県でダイヤモンドプリンセス号にて作業を行っていた医療関係者が新型コロナウイルスに完成していたことが明らかになりました。 和歌山県内感染者12人に 男性医師の子供やダイアモンドプリンセス号で活動していた男性看護師など新たに...
【画像で検証】不潔ルートと清潔ルートは同じ?橋本岳氏が岩田健太郎教授説を肯定?
昨日ダイヤモンドクルーズ号の中が恐ろしいぐらいに危険だと訴えた神戸大学医学部教授の岩田健太郎氏ですが、 一夜明けて YouTube に投稿された動画は削除されています。 動画削除の一つの理由が、岩田健太郎教授とコンタクトを取っ...

千葉県在住70代女性が新型コロナウイルス感染までの経緯

 

今回、新型コロナウイルスへの感染が明らかになった70代女性ですが、千葉県在住でおり、バレンタインデーの2月14日に高熱(38.5度)が出ます。

 

この女性は新型コロナウイルスへの感染よりもインフルエンザを疑い病院を受診して検査を受けます。

 

検査の結果は陰性。インフルエンザではないことが判明

 

それが2月15日です。

 

通常、38.5度の熱が出ていれば熱が下るまで安静にすることでしょう。

 

でも、この女性は翌日の2月16日には旅に出たのです。

 

なぜなら、ツアーの予約をしていたからでしょう。

 

そして、県外に住んでいる妹さんとの旅行だったからです。

 

70代女性からすると、インフルエンザではないので、すぐに熱は下がると思っていたのかもしれません。

 

70代女性の旅は2月16日から2月18日の3日間

3日間の旅は飛行機観光バスを使ったようです。

 

3日間の旅を終えた女性ですが、熱が下がらないという理由で再度医療機関を受診した所、肺炎の症状が認められ、この肺炎が新型コロナウイルスが原因だということが判明したということです。

 

今回のことで気になる点次の項目です。

 

  • 受診した病院関係者への感染
  • 自宅と羽田空港間で使った電車での感染
  • 飛行機内での感染
  • バス内での感染
  • 宿泊先での感染
  • その他旅行中の感染

 

ようするに、潜伏期間も含めた期間で接触した方への感染が心配だということです。

 

しかし、現実的に言って、上記すべての人を特定することは不可能でしょう。

 

ただ、「飛行機」「バス」「宿泊先」「医療機関」については明らかにできると考えます。

70代女性の足取り

 

70代女性の旅行での大まかな足取は次のようです。

 

千葉県在住の70代女性ですが、自宅を出て羽田空港に向かいます。

羽田空港からは一緒に旅行する妹さんが住まわれるところまで飛行機で移動します。

妹さんと合流し、バスツアーに参加

旅行中は観光バスを使っての移動で、この観光バスには40人が乗っていたとのことです。

そして、3日間のバスツアーが終わり、袋は往路の逆で千葉県に戻ってきます。

 

羽田空港から自宅へは電車で移動したとのことです。

 

これが新型コロナウイルスへの感染が明らかになった女性の旅行中の足取りです。

 

しかし、この女性からの2次感染に関して、気になる情報があります。

それは、『旅行中マスクをしていなかった』ということです。

 

マスクをしていなかったということは、「飛沫感染」「空気感染」「エアロゾル感染」での感染確率が高まりますから。

 

そう考えると、先程もお伝えした70代女性の足取りをもとに、感染可能性が高い方を特定し、検査を受け、2週間の隔離が必要になると考えます。

旅行中に使った、飛行機、バスツアーについて

 

今回、新型コロナウイルスに感染した女性は旅行中、飛行機とバスで移動しています。

 

飛行機はフライトを調べれば、乗客名簿から一緒に乗っていた方を特定できると思います。

 

バスツアーも同様です。

 

バスツアーの場合は、コースによって使用しているバス会社は違うはずなので、ツアーが明確になったあとは、バス会社にそのことを知らせる必要があると思います。

 

バス会社はこの事実を知った上での対応が必要になるでしょう。

 

ただ、旅行中に使った飛行機やバスツアーについては公表されていませんが、飛行機関連、バスツアー関連など個別に対応(連絡)されることでしょう。

 

70代女性は現在入院中です。

 

新型コロナウイルスへの感染ということですので、通常の病院ではなく、感染症指定の病院に入院しています。

 

どの病院に今回の感染者が入院されているのかを公表することはないと思いますが、千葉県にある感染症指定されている病院だということは想像出来ます。

 

千葉県内にある感染症指定病院

 

感染症指定といっても、第一種第二種に分かれています。

 

第一種は「厚生労働大臣指定」、第二種は「知事指定」となっています。

 

第一種感染症指定機関

  • 成田赤十字病院

のみです。

 

下記は全て第二種感染症指定機関となります。

  • 千葉大学医学部附属病院
  • 千葉市立青葉病院
  • 独立行政法人地域医療機能推進機構 船橋中央病院
  • 東京ベイ・浦安市川医療センター
  • 松戸市立総合医療センター
  • 成田赤十字病院
  • 総合病院 国保旭中央病院
  • 医療法人社団徳風会 髙根病院
  • いすみ医療センター
  • 南房総市立富山国保病院
  • 国保直営総合病院 君津中央病院

終わりに

 

日に日に増える新型コロナウイルスへの感染者。

 

最近では、海外渡航経験の無い感染者が増えています。

 

政府が出来ることは全て行っていると言っても、感染者が知らないところでウイルスをばらまいているという現状は明らかです。

 

一刻も早く、水際対策の徹底を行って欲しいものです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました