福岡市60代男性が新型コロナウイルス感染って誰で病院の名前はどこ?感染経路は?

ニュース

毎日のように伝えられる新型コロナウイルスへの感染者ですが、今度は新たに福岡市で初めて感染者が出たと発表されました。

 

 

感染者が発表されると気になるのが、その感染者を中心に新たな感染者が生まれるのではないかという不安です。

 

スーパースプレッダーと言われる感染者がいたとするならば、何人の人に新型コロナウイルスが感染しているのかわかりません。

 

今回は、福岡市で初めて新型コロナウイルスへの感染を認められた60代男性について見ていきましょう。

 

 


関連記事 

わかりやすくエアロゾル感染と飛沫感染・空気感染の違いを説明!
新型コロナウイルスがエアロゾル感染すると中国が発表しました。エアロゾル感染はあまり耳にしませんので、飛沫感染・空気感染との違いをわかりやすく説明します。
コロナ感染70代女性(70代)が使ったバスツアーと入院している病院は?
また新しく新型コロナウイルス感染者が明らかになりました。 【感染女性 発熱後にバスツアー】 千葉県は、県内の70代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。女性は発熱後の16-18日、県外の観光地をめぐるバスツアーに参加...
DMAT30代看護師防護服着用でもコロナ感染!新幹線移動で飛沫・空気感染の可能性
和歌山県でダイヤモンドプリンセス号にて作業を行っていた医療関係者が新型コロナウイルスに完成していたことが明らかになりました。 和歌山県内感染者12人に 男性医師の子供やダイアモンドプリンセス号で活動していた男性看護師など新たに...
【画像で検証】不潔ルートと清潔ルートは同じ?橋本岳氏が岩田健太郎教授説を肯定?
昨日ダイヤモンドクルーズ号の中が恐ろしいぐらいに危険だと訴えた神戸大学医学部教授の岩田健太郎氏ですが、 一夜明けて YouTube に投稿された動画は削除されています。 動画削除の一つの理由が、岩田健太郎教授とコンタクトを取っ...

福岡市で60代男性が新型コロナウイルスに感染

 

2月15日には名古屋市で60代の女性が新型コロナウイルスに感染していると報告があり、 2月19日には北海道で60代男性の新型コロナウイルスへの感染が確認されました。

 

そして、北海道で新型コロナウイルスへの感染が認められた翌日である20日には遠く離れた九州福岡県で新たに感染者が確認されました。

 

日本での新型コロナウイルスへの感染者が一番多いのはダイヤモンドプリンセス号の乗客ですので神奈川県ということになります。

 

今では、関東だけでなく、北海道、中部地方、関西、沖縄、そして九州と日本全国で新型コロナウイルスへの感染者が確認されています。

 

今回福岡市で感染が確認された60代男性については、すでに病院に入院しているということです。

 

ここからはウイルスに感染された60代男性に関して、今後の懸念事項も含めて観ていきます。

福岡市で感染した60代男性の名前は?

 

今回福岡市の高島宗一郎市長が市内在住の60代男性が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。

 

感染者が特定されているので60代男性の名前は明確になっているはずです。

 

しかし、個人の名前を公表したところで混乱を招くだけだと思うのですが、感染者の名前については公表されていませんし、 公表する必要もないと思います。

 

ただ、新型コロナウイルスについては日本だけでなく、世界中で流行していますので、感染経路など気になるところです。

 

九州、それも感染者が見つかった福岡市民については、身近な所で感染者が見つかったということで、心配する度合いが高まったとのではないでしょうか。

 

60代男性が新型コロナウイルスに感染するまでの経緯をまとめてみます。

 

60代男性が新型コロナウイルスに感染するまでの経緯

 

新型コロナウイルスに感染した60代男性は、2月13日に発熱したということで福岡市内の医療機関を受診します。

 

そのときに計測した体温は「37.5 度

 

37.5°は高熱というほどではありません。

 

この時点では、咳き込んでいたり頻繁にくしゃみが出るっていうような状況ではなかったことから一旦は自宅で療養することになったということです。

 

しかし、医療機関で受診した後二日経っても発熱が治らないため再度医療機関を受診することになります。

 

今度はレントゲンを撮影したところ肺炎の症状が見られたということで、新型コロナウイルスへの感染が疑われるため感染症指定医療機関に入院し、この度新型コロナウイルスへの感染が確認されたという経緯があります。

 

発熱したのが2月13日、 19日に入院、20日に新型コロナウイルスへの感染が確認という経緯です。

 

福岡県に住まれている方にとって気になるのが、「どこの病院に入院されたのか」ではないでしょうか。

 

感染症指定医療機関と言われても、 具体的な病院名が知りたいと思います。

新型コロナウイルスに感染した60代男性が入院している病院名

 

感染症指定機関といっても、厚生労働大臣指定の病院、県知事指定の病院に別れ、県知事指定の病院は一類感染症と二類感染症に分かれています。

 

福岡県にある感染症指定機関は次の通りです。

 

【第1種感染症指定医療機関】

  • 福岡東医療センター(古賀市)

【第2種感染症指定医療機関】

  • 福岡市民病院(福岡市)
  • 九州医療センター(福岡市)
  • 福岡赤十字病院(福岡市)
  • 福岡大学筑紫病院(筑紫野市)
  • 福岡徳洲会病院(春日市)
  • 福岡東医療センター(古賀市)
  • 北九州市立医療センター(北九州市)
  • 田川市立病院(田川市)
  • 聖マリア病院(久留米市)
  • 新古賀病院(久留米市)
  • 筑後市立病院(筑後市)
  • 大牟田病院(大牟田市)

 

今回新型コロナウイルスに感染された男性がインされているのは上記のいずれかの医療機関だと推測できますが、現時点ではどの病院に入院されているのかは明らかにされていません

次に気になるのは、感染経路です。

60代男性が新型コロナウイルスに感染した感染経路

 

新型コロナウイルスは感染力が高く、飛沫感染や空気感染、さらにはエアゾール感染するなどとも言われています。

 

実際、新型コロナウイルスに感染した人と短時間だけの接触であったとしても感染している人が多く見つかっています。

 

そう考えると、今回新型コロナウイルスに感染した60代男性がどのように、誰から感染したのかを特定することが重要となります。

 

この男性が感染する前2週間程の間に海外渡航されていたのかと「No」です。

ということは、日本国内での感染ということになります。

 

次は、福岡県内から外に出たのか出ないのか、濃厚な接触を行った人はどれほどいるのかなのか気になるところです。

 

60代男性は新型コロナウイルスをうつされたかもなので、当然ですがうつした側がいるはずです。

 

その人探さなければ新たな新型コロナウイルスの感染者が増えていくことになります。

 

それは分かっていたとしても、新型コロナウイルスが発症するまでの潜伏期間が長いため、その人物を特定するのは大変難しいことです。

 

感染経路を明確にすることは難しいのかもしれませんが、今回感染した60代男性に接触者をできるだけ思い出してもらうことが重要になるでしょう。

 

そして、念のためとは言えその方々には新型コロナウイルスへの検査が必須だと考えます。

 

ネット上の声

 

 

 

終わりに

日に日に増えてくる新型コロナウイルスの感染者。

新型コロナウイルスを取り巻く環境も日々に変わっています。

一つの情報でコロコロと変わる件ぐらいなので、ひとつの情報で一喜一憂するのではなく混乱することなく正しい情報を得て正しい行動が必要となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました