日本体操協会がクソで最悪!協会幹部塚原夫妻がパワハラで宮川紗江と速見コーチを引き離す!

ニュース

8月29日、日本体操女子宮川紗江選手が速見コーチに対する処分を不服とする記者会見を開きました。

そして、日本体操協会は宮川紗江選手の記者会見を受けて記者会見を開くことを示唆していましたが、その内容が本当にクソでした。最悪です。

 

まるで、最近あった日本ボクシング連盟の山根会長を見ているようでしたし、対応は日大をみているようでした。

 

日本体操協会のクソぶりを振り返ってみます。


【関連記事】
宮川紗江パワハラ否定記者会見の内容がヤバイ!日本体操協会によるパワハラ発覚?
森末慎二と池谷幸雄が 斬る宮川紗江と日本体操協会!
日本体操協会緊急記者会見(8月30日)で塚原副会長の全部ウソ発言に言及!【動画あり】(NEW)
宮嶋泰子氏胸くそ悪くて最悪人相怖い!あからさまに塚原夫妻擁護!(NEW)
テレ朝宮嶋泰子氏がの野村修也氏にことごとく論破される!(NEW)
塚原千恵子・山根明・内田正人が激似!似ている所がこれだけあった!(NEW)
塚原千恵子氏が日馬富士にしか見えない!!ガリガリガリクソンにも似てる笑!(NEW)


日本体操協会が行って来たこと

それは突然のことでした。

日本女子体操宮川紗江選手のコーチである速見コーチをパワハラ行為があったとして無期限登録抹消処分を下しました。

 

しかし、「いつパワハラ行為があったのか」「誰からの通報なのか」「パワハラ行為は本当にあったのか」については、明らかにされませんでした。

 

この時点で、「なんかおかしいぞ!」と思ったものです。

 

そして、ことが大きく動きます。

 

速見コーチの教え子である宮川紗江選手が日本体操協会の処分に対して疑義を申し立てたのです。

 

速見コーチに髪を引っ張られたり、叩かれる行為が昔あったことは認めたものの、それは数年前の出来事で決してパワハラ行為ではないと訴えたのです。

 

日本体操協会は速見コーチを早急に処分したわけですが、不可解なことを行っています。

それは次のようなことです。

 

  • 日本体操協会は速見コーチ呼び寄せてパワハラ行為について問うていますが、協会の弁護士の立会は認めているものの、速見コーチ側の弁護士の立会は認めていない
  • パワハラ行為をされたとされる当事者の宮川紗江選手には、立ち話程度で正式な聞き取りは行っていない
  • 2番目に重い無期限登録抹消処分を下している

 

そして、様々な疑問の中、宮川紗江選手の記者会見が開かれました。

 

宮川紗江選手が記者会見で語ったこと

宮川紗江選手は一人で記者会見に臨みました。

そして、冒頭でお伝えした内容を繰り返し、速見コーチのパワハラ行為はなかったと訴えました。

もちろん、2年以上前に髪を引っ張ったり、叩かれたことが合った事実は認めています。

 

しかし、問題は次に述べたことです。

 

それは、『パワハラ行為を行ったのは日本体操協会側だった』と語りました。

 

予想外の内容でした。

 

具体的には、日本体操協会幹部の塚原夫妻(塚原千恵子強化本部長、塚原光男副会長)がパワハラ行為を行ったとのことでした。

 

どのようなパワハラ行為かというと次のような内容です。

 

  • 速見コーチが暴力行為を働いたという訴えがある。暴力行為があったことを認めないとっ厳しい状況になる。
  • 速見コーチでは宮川紗江選手は伸びない。自分なら速見コーチの100倍教えられる。
  • このままだと宮川紗江選手はオリンピックに出られなくなる

 

もう、脅しですね。

 

力を持っている者が力のない者にかける言葉です。

 

そして、以前にも宮川紗江選手に対して、朝日生命に移籍することを進めたことも明かされました。

ちなみに、朝日生命は塚原夫妻と関係が深い体操クラブです。

 

 

要するに、宮川紗江選手は体操選手として有望なので、オリンピックで良い成績を収める可能性が高い。だから、今のうちに自分が指導出来るクラブに移籍させ、自分たちの手柄にしたいということですね。

 

これだったら、これまで日本体操協会が行ってきた行動が納得いきます。

 

そして、日本体操協会のクソぶりが発揮されたのが、「塚原夫妻によるパワハラ行為の有無は宮川紗江選手からの訴えがあれば調査する」というもの。

 

これだけ事が大きくなっている状態で、日本体操協会にパワハラ行為があったと訴えられているのに、自ら調査するつもりはないと言っているのです。

 

しかし、塚原夫妻は日本体操協会の幹部です。

 

協会幹部に対して日本体操協会がどのような調査を行うというのでしょうか?

 

日本ボクシング連盟の山根会長に対して協会が調査するようなものです。

 

そして、日本体操協会には次のような人物も存在します。

こんな力を持った人がいれば、塚原夫妻のパワハラ行為も揉み消しに動きそうですね。

ただ、もしそうなればこの人物が動いたとみてよいでしょうね。

 

まとめ

日本体操協会が宮川紗江選手と速見コーチに喧嘩を売って、返り討ちにあった内容でした。

日本ボクシング連盟の山根会長と塚原夫妻がダブります。

今年に入ってアマチュアスポーツの不祥事が次々と明らかになっていますが、余程美味しい汁が据えるんでしょうね。

そうでなければ、このような問題はおきないでしょう。

 

コメント