野上川(大分県九重町)氾濫でJR久大線の鉄橋崩落現場が怖すぎる!

ニュース

7月6日から7日にかけて長崎県、福岡県、大分県を溶断するように線状降水帯ができ、各地で被害が起きています。

 

大分県では野上川が氾濫し鉄橋が崩落するなどの被害が出ていますので、現時点でわかっている情報をお伝えします。

 

日田市を流れる玖珠川・三隈川氾濫で天瀬町は浸水・道路陥没・崖崩れ等被害多数!
九州地方に連なる線状降水帯の影響で福岡県、長崎県、大分県では大きな影響を受けています。 大分県では筑後川に大量の水が流れたため、一部で氾濫するなど影響を受け、筑後川とつながる日田市内を流れる玖珠川や三隈川も各地で氾濫しています...
【球磨川氾濫】八代市冠水で深水橋と青肥薩線球磨川第一橋梁が流される
線状降水帯が熊本県上空に発生したことで熊本県は大雨となり大きな被害が生じています。 橋梁流失、駅に土砂…熊本の鉄道施設に被害多数 新幹線もストップ JR肥薩線の人吉駅など複数の駅で線路が冠水し、八代市の球磨川第一橋梁が流失。...
【球磨川氾濫】人吉市浸水で西瀬橋は流され青井阿蘇神社は鳥居下まで浸水
九州では大雨が続いていますが、特に熊本県では球磨川が氾濫し、人吉市と八代市を中心に街全域が浸水するなどが発生しています。 午前11時半すぎに撮影した熊本県人吉市の映像では、球磨川沿いの住宅が広い範囲で水につかり、川と住宅街との...
【岐阜県被害】飛騨川氾濫で下呂市国道41号崩落、高山市滝町は土砂崩れ
昨夜(7月6日)から降り続いた大雨の影響で、岐阜県と長野県では大雨特別警報が出されていました。 7月7日早朝には飛騨川氾濫により、下呂市では浸水や国道41号の崩落、高山市滝町では山肌が崩れての土砂崩れは発生するなど、岐阜県各地...

 

野上川氾濫でJR久大線の鉄橋崩落現場

 

今回、鉄橋が崩落した場所は、JR久大線の豊後中村駅から野矢駅間に向かう途中で、豊後中村駅を出て東に約300m進んだ場所にある鉄橋です。

 

地図で言えば、下記の場所と思われます。

 

この場所に架かっていた鉄橋が流されました。

 

その様子が下記です。

 

この画像を見ると、鉄橋がどのように架っていたのかすら想像できません。

 

Twitterの投稿を見てみると、本来今回流された鉄橋は高い場所に架っていたようなのです。

 

 

上記の動画では、電車が地上から高い位置で走っている様子がわかります。

 

それが、先程のような状態になってしまったようです。

 

他のツイートでは九重町の河川状況を投稿されていますが、鉄橋に流れ込む川の水の状況が確認出来るため、今回崩落した鉄橋なのかもわかりません。

 

 

鉄橋がこのような崩落するのですから、周辺民家にも相当な被害が予測されます。

 

九重町の様子は想像以上に恐ろしいものとなっています。

大分県九重町の水の流れが早すぎて怖い

 

先程、野上川の氾濫で鉄橋が崩落した状況をお伝えしました。

 

鉄橋崩落現場に近い大分県九重町ではとてつもない勢いで流れる川の様子と、民家に流れ込む水の勢いが確認できます。

 

 

上記動画をご確認頂くとわかりますが、どこが道路で、どこが川かもわからない状況で、すごい勢いで流れ込む水が確認できます。

 

この勢いの水が流れは鉄橋を崩落させるのですから、民家を流すなんて難しくないことが理解出来ます。

 

下記は、道路が崩落してる様子です。

 

この動画を見る限り、橋が架っていたのかすらわかりません。

 

ただ、川を流れる水の量と勢いが早いことはわかります。

 

他の被害状況は下記のようなものがあります。

 

終わりに

 

野上川氾濫で分県九重町付近を走る、JR久大線の鉄橋崩落現場の状況をお伝えしました。

 

野上川の水の量と勢いが想像できないほどだったことが確認できます。

 

今回のように線状降水帯による豪雨では、20分程度でも道路を完全に覆うほどの水量に到達するとのことですので、気象状況をよく確認し、早め早めの避難を心がけていただければと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました