小川参院議員(小川勝也)の息子(遥資容疑者)の逮捕歴は?常習性は?

ニュース

小川参院議員(小川勝也)の息子遥資(ようすけ)さんがわいせつ容疑で逮捕され、再逮捕となりました。

容疑がわいせつということで、再逮捕となれば常習性が疑われます。

これまでの遥資容疑者の逮捕歴を確認してみましょう。

 

遥資容疑者の逮捕歴

遥資容疑者の逮捕歴を調べていると、2017年に1回だけ見つかりました。

具体的には2017年11月2日、今回と同じわいせつ行為目的で暴行したとして逮捕されています。

このときは、小学生の女の子をわいせつ行為をする目的でつかみ、転倒さたことが暴行したとして逮捕されています。

この時、遥資容疑者は「小学生の中でも低学年の女の子に興味があり、わいせつ目的で暴行した」と供述しており、容疑についても認めています。

この事件で、遥資容疑者は現在も公判中であり、今年4月に保釈されたばかりでした。

 

今回のわいせつ行為の詳細

2018年6月13日に再逮捕された遥資容疑者ですが、暴行事件が発生したのは先月5月14日の午後のことです。

この時は、学校から自宅に帰る途中の「小学生の女の子の胸をわしずかみした」疑いで逮捕されており、今回の再逮捕について本人は、「自分はやっていない」と容疑を否認しているとのことです。

 

常習性はあるのか

今回の再逮捕の容疑も前回と同じ「わいせつ行為」です。

それも、小学校低学年の女の子を対象としていること。

そして、昨年の逮捕から半年、そして、公判中での再逮捕を考えると、常習性があると思われても仕方ないのでしゃないでしょうか。

今回の件について本人は容疑を否認しているようですが、腕を掴んだ程度ではなく、胸をわしずかみする行為は日常あることではありませんので、偶然とも言えないような気がします。

今後、警察の捜査が始まりますが、常習性についてもよく鑑定していただきたいものです。

「わいせつ行為」の常習者の逮捕者は再犯率が非常に高く、今後、更にひどい行為に及ぶ恐れもあります。

前回、今回と10歳そこそこの子供の心に大きなキズを追わせた身勝手な行動は許せないですね。

 

まとめ

また、わいせつ行為での逮捕者が出ました。

それも、立憲民主党の現役参院議員の長男、それも再逮捕ということでニュースになりました。

お父様の職業が政治家ということで、前回の逮捕のときに今回のようなことが発生しないような対応を取っていたと信じたいですが、どうだったのでしょう。

ひとの人生の大きな影響を与える事件は胸が痛くなりますね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました