大阪府貝塚市コロナウイルス感染者は誰でどこの病院に入院してる?勤務先・感染経路は?

ニュース

大阪府貝塚市の新型コロナウイルス感染者最新情報をお伝えします。

 

2020年4月9日現在、貝塚市の新型コロナウイルス感染者は『1名』となっています。

 

大阪府発表(3/10)では「68例目」として登録されています。

 

この記事では誰(属性)がどこで感染した(感染経路)のか、勤務先が濃厚接触者にならないのか、入院する場合どこの病院(病院名)に入院するのかを調べましたのでお伝えします。

大阪府貝塚市大阪府貝塚市の新型コロナウイルス感染者

 

大阪府発表の資料では、貝塚市を居住地とする40代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表されていますが、貝塚市のホームページでは感染者の情報が記載されていません

 

よって、大阪府発表資料を用いて、現在明らかになっている情報をまとめてみます。

新型コロナウイルスに感染したのは誰?年齢や発症時期は?

 

2020年3月10日 40代男性(感染者1:大阪府68例目)

 

性別 男性
年代 40代
発症日 2月27日
症状 軽症(発熱、咳)
現在の状況
職業・勤務先 調査中
居住地 貝塚市
家族構成
推定感染経路 不明

 

40代男性ですが、2月27日に発熱及び咳が出るという症状がでます。

 

同居家族に奥さんがいるとのことなので、濃厚接触者になると思われます。

 

尚、この男性は『基礎疾患あり』とのこと。

 

しかし、症状が出たあと、どのような経緯を経て新型コロナウイルスに感染したのかが明らかにされていません。

 

通常、大阪府から新型コロナウイルス感染が発表されると、対象となる「市」では、感染までの経緯がホームページに記載されるのですが、貝塚市に関しては、「感染した」という報告も出ていないようです。(3/16現在)

 

よって、上記は大阪府発表資料をもとに書かせて頂きました。

 

 

今後、貝塚市のホームページで詳細情報が公開されましたら追記させて頂きます。

ウイルス感染者が入院している病院はどこ?

 

新型コロナウイルスは感染症ですので、入院が必要な場合は感染症指定医療機関に入院することになります。

 

貝塚市のホームページでは新型コロナウイルス感染者については感染症指定医療機関に入院させる旨が書かれていますので、感染者は入院してると考えます。

 

大阪府貝塚市で感染症にかかった場合に入院すると考えられる医療機関を下記のようにまとめてみました。

 

【第一種感染症指定医療機関】

  • りんくう総合医療センター
  • 大阪市立総合医療センター
  • 堺市立総合医療センター

 

【第二種感染症指定医療機関】

  • りんくう総合医療センター
  • 大阪市立総合医療センター
  • 堺市立総合医療センター
  • 市立豊中病院
  • 市立ひらかた病院
  • 地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪はびきの医療センター
  • 独立行政法人国立病院機構 大阪刀根山医療センター
  • 高槻赤十字病院
  • 一般財団法人 大阪府結核予防会 大阪病院
  • 医療法人 仁泉会 阪奈病院
  • 大阪市立十三市民病院
  • 独立行政法人国立病院機構 近畿中央呼吸器センター

 

貝塚市には感染症指定医療機関はありませんが、隣の泉佐野市に第一及び種第二種感染症指定医療機関として『りんくう総合医療センター』が設けられていますので、この医療機関が有力だと考えます。

大阪府貝塚市の新型コロナウイルス感染者発生での対策

 

大阪府貝塚市では、他の市でも実施しているイベント中止等や施設の休館等を実施しています。

 

感染者への具体的対応は次のようなものです。

 

まとめ

 

大阪府貝塚市での新型ウイルス感染状況についてご紹介しました。

 

大阪府からは貝塚市を居住地とする40代男性が新型コロナウイルスに感染していることが発表されていますが、貝塚市では具体的な内容が発表されていませんので、詳しい内容をまとめることが出来ませんでした。

 

今後、詳細情報が公開されましたら追記させて頂きます。

 

感染者の方の一日も早い回復をお祈りします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました