ランニングバイク4歳児死亡事故でワンボックスカー運転手に同情する3つの理由!

ニュース

9月13日岡山県でランニングバイクに乗った4歳児がワンボックスカーにはねられて死亡するという事故が起きました。

実に痛ましい事故で死亡した4歳児はかわいそうだと思います。

しかし、ドライバーの立場から考えるとワンボックスカーに乗っていた運転手に同情してしまいます。

その理由をお伝えします。

事故概要

【事故発生日時】

9月13日19時10分頃

【事故発生場所】

岡山県倉敷市玉島八島(市道交差点)

【犠牲者】

谷野叶真(4歳)

【事故の状況】

場所は信号のない市道交差点。キックバイクに乗った谷野叶真ちゃんが市道を直進してきた所に、左折してきたワンボックスカーと衝突。

 

ワンボックスカー運転手に同情する理由

まず亡くなられた谷野叶真ちゃんのご冥福をお祈りします。

そして、実に悲しい事故だと感じています。

 

ただ今回の事故状況を確認したところ、谷野叶真ちゃんは4歳児ということで責任を問うことは出来ませんが、避けられる事故だったと考えています。

 

今回の事件は人と車の衝突事故です。

 

日本の法律では人や自転車と車やバイクが事故を起こした場合は運転手の過失が問われることが多いですが、海外では日本ほどではない国もあります。

明らかに人や自転車がルールを逸脱した行為を行っていた場合には日本のように必ずしも車やバイクなど乗り物に乗った方に過失割合が高くなるとは限らないということです。

 

自分で運転する方は分かると思うのですが、運転していてヒヤッとする場面は何回か経験したことがあると思います。

 

車で事故を起こしてしまうと運転手が悪くなってしまうので細心の注意を図って運転していてもスマートフォン片手にスピードを出して一旦停止することなく交差点に入ってくる自転車。

イヤホンをしてスマートフォンを見ながら歩いている歩行者。

見通しの悪い交差点でも注意することなく突っ込んでくる大人や子供。

 

ドライバーとして細心の注意を計っていてもどうにもならない画面が存在します。

 

今回の事故は 避けられた事故だという理由をお伝えします。

今回の事故が避けられた事故だという理由

具体的には次の3つです。

  1. 谷野叶真ちゃんがランニングバイクで公道を走っていた
  2. 谷野叶真ちゃんがヘルメットを着用していなかった
  3. 保護者である祖父が谷野叶真の後ろを歩いていた

 

まず、「1」と「2」はランニングバイクの取り扱いの問題です。

 

谷野叶真ちゃんが乗っていたランニングバイクにはブレーキが付いていません

よってランニングバイクは玩具として認められていますので公道での使用は禁止されています。さらに言うと、ランニングバイクに乗る場合にはヘルメットの着用が義務付けられています。
そもそもランニングバイクを公道で走らせなければ 今回のような事故は起こっていません

 

仮に事故が起こったとしても、ヘルメットをかぶっていれば死にまでは至っていないのかもしれません。

 

ランニングバイクに乗った子供というのはワンボックスカーの運転手からみると認識しづらい高さになりますので発見が難しいと考えられます。

 

特に子供の場合は4歳児ともなると足の力が想像ついてきているので前だけを向いて必死に前進していればそこそこのスピードが出ていたことでしょう。

 

現在封じられている情報では車がどのようなスピードで交差点に突入したのか分かりませんが、そもそも公道で走ること禁止されているランニングバイクを公道で走らせていなければこのような事故は起こっていません。

 

「3」については今回の事故で1番見逃してはいけないことだと感じています。

谷野叶真ちゃんは祖父と一緒に散歩をしていました。

谷野叶真には保護者がついていたのです。

祖父は谷野叶真ちゃんがランニングバイクで公道を走ることを止めていません。

そして、保護者である祖父が谷野叶真ちゃんを守る形で散歩するのではなく、自分より前方でランニングバイクで走る谷野叶真ちゃんを良しとしています。

 

今回の事故は祖父が谷野叶真ちゃんと散歩をする際にランニングバイクでの使用を認めていなければ防げた事故です。

 

更に最悪ランニングバイクに谷野叶真ちゃんが乗っていたとしても祖父の隣を走行して祖父が谷野叶真ちゃんを守る形で散歩していれば死亡事故にはなっていないと考えます。

 

祖父はランニングバイクが公道での使用が禁止されていたことを知らなかったのかもしれませんが、もしそうだとすると谷野叶真ちゃんの両親の責任が重いと感じざる得ません。

 

 

谷野叶真ちゃんの両親も普段から谷野叶真ちゃんがランニングバイクで公道を走ることに何の疑問ももっていなかったのでしょう。

 

ネット上の声

 

まとめ

今回の事故は人間と車の事故ということでワンボックスの運転手の過失が問われることになるでしょう。

特に死亡事故となっているので罪は重くなるでしょう。

警察の見解としてはワンボックスを運転するドライバーはもっと注意を測っていれば今回の事故は防げたと言うでしょう。

でもそれは詭弁です。

筆者自身長い間車を運転していますが冒頭でお伝えしたようにドライバーとして細心の注意を図っていても避けれない事故はあります。

今回の場合であればランニングバイクの注意事項をよく確認して公道で走らせなければ今回のような事故が起きていません。

さらに言うと、保護者がきちっと子供を守っていると今回のように死亡事故にまではなっていなかったと考えられます。

人間と乗り物の事故が起きた場合乗り物の過失が問われることは十分理解していますが、同時に事故状況によっては同情する気持ちも湧き上がってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました