高橋学(髙橋学:エディック垂水本部校長)が生徒を硬膜下血腫に!暴行内容がヤバイ!

ニュース

高橋学(髙橋学)容疑者が逮捕されました。

 

逮捕容疑は、小学生相手に『傷害』です。

 

傷害といっても、頭をこずくとか、ビンタをするとかのレベルではありません。

 

高橋学(髙橋学)容疑者が小学5年生の生徒に行った暴行内容をまとめましたのでご紹介します。

 


【関連記事】
■ 野口英一容疑者(のぐちえいいち)の当たり屋手口がヤバイ!余罪の数が半端ない?(NEW)
■ 瀧下秀樹容疑者(たきしたひでき)のあおり運転証拠動画がヤバイ!言い逃れできないレベル! (NEW)
■ 北村緑容疑者3億円横領の手口が巧妙でヤバイ!隠蔽工作や横領しやすい環境についても!
■ 百十四銀行女子行員に不適切行為を働いた取引先の責任は?会長辞任はスクープが原因?


高橋学(髙橋学)容疑者のプロフィールと犯行内容

 

10月末、神戸市の学習塾で、校長を務める43歳の男が、小学5年生の男の子の頭を壁に打ちつけてけがを負わせたとして11月9日傷害の疑いで警察に逮捕されました。

逮捕されたのは、神戸市垂水区神田町の学習塾、「創造学園エディック垂水本部校」で校長を務める※たか橋学容疑者(43)です。
警察によりますと、※たか橋校長は10月29日、塾の受付フロアで、この塾に通う小学5年生の男の子の首をつかみ、ひたいを壁に何度も打ちつけて頭にけがを負わせたとして傷害の疑いがもたれています。

出典:NHK WEB NEWS

 

高橋学(髙橋学)容疑者のプロフィールと顔画像

 

氏名 髙橋学(たかはしまなぶ)
年齢 43歳
住所 未公表
職業 学習塾校長
勤務先 創造学園エディック垂水本部校

 

高橋学(髙橋学)容疑者は、学習塾「創造学園エディック垂水本部校」の校長をつとめる43歳の男性です。

 

犯行内容まとめ

 

容疑者 髙橋学(高橋学)
犯行日時 2018年10月29日
犯行場所 創造学園エディック垂水本部校
容疑 傷害
被害者 小学5年生の男児
犯行内容 髙橋学(高橋学)容疑者は、2018年10月29日、自身が校長を勤める学習塾で、生徒が宿題を忘れ反省していないと判断して暴行した疑い。

 

髙橋学(高橋学)容疑者は2018年10月29日、自身が校長の「造学園エディック垂水本部校」にて、小学5年生男児に暴行をを疑いで逮捕されました。

 

髙橋学(高橋学)容疑者は、容疑について認めています。

 

高橋学(髙橋学)容疑者は被害者の生徒が宿題を忘れたにもかかわらず、友達と話をしていたことに腹をたて暴行をしたのですが、暴行内容が人位のです。

 

なんと、『硬膜下血腫』の症状になるまで暴行をはたらいたのです。

 

このような症状になるまでの暴行なので、かなりひどい暴行だったことが想像できます。

 

これから、ひどい暴行内容をお伝えします。

 

暴行内容

 

髙橋学(高橋学)容疑者は、小学生の生徒にとんでもない暴行を加えたのですが、その内容は大人相手でも大きなダメージを与える内容です。

 

その暴行内容は次の通りです。

 

『被害者である小学生の首を掴んで、頭を壁に何度も打ち付けた』

 

プロレスじゃないんですから。

 

宿題を忘れて、友達と喋っていたことのバツが、このような暴行なんて信じられませんね。

 

ましては、世間では体罰に厳しいこの時にです。

 

今回の暴行内容は体罰を通り越して本当に暴行レベルですね。

 

そして、ただ頭に怪我したというレベルではなく、硬膜下血腫の症状が出たというのですから相当頭にダメージを受けたと考えられます。

 

今回は、幸いにも回復したとのことですが、脳が傷害を受けていれば取り返しのつかないことになっていました。

 

 

高橋学(髙橋学)容疑者が逮捕された経緯

 

高橋学(髙橋学)容疑者が、逮捕された経緯ですが、被害者である小学生生徒の家族が警察に相談したことで発覚します。

 

今回の事件が発生したのは2018年10月29日です。

 

ただ、事件発覚当初は警察には通報していません。

 

しかし、事件後1週間が経過した11月7日になって被害者がめまいを訴えて病院に行き、「硬膜下血腫」の疑いがあると診断されてから警察に相談することになりました。

 

被害者の親としても、事の重大さに気づいたのでしょう。

 

犯行動機

 

犯行動機については既にお伝えした通り、塾の小学5年生の生徒(男児)が『宿題を忘れてきた』ことと『友達としゃべっていた』という2つです。

 

高橋学(髙橋学)容疑者からすると、宿題を忘れてきていながら、反省もせず友達と喋っていることに腹をたてたことが犯行動機ということです。

 

次は、余罪について確認してみましょう。

 

高橋学(髙橋学)容疑者の余罪

 

高橋学(髙橋学)容疑者の余罪については明らかにされていません。

 

しかし、今回の犯行動機と犯行内容を見ていると、余罪はあっても不思議はないと感じました。

 

自分の衝動を抑えられずに簡単に暴力をふるえる人は、腹を立てる沸点が普段から高いと考えられ、今回の暴行内容までは行かなくても体罰レベルの余罪はあっても不思議とは考えられません。

 

 

まとめ

今回の傷害事件は実にひどい内容ですね。

確かに生徒が宿題を忘れてきて反省もせずに友達としゃべっていたのかもしれません。

しかし、そのことに腹をたて、子供の頭を何度も壁に打ち付けるなんて許されるわけがありません。

子を持つ親だったら許せないことでしょう。

コメント

  1. もうダメ より:

    昔から事件の起こりやすい塾だよな。そもそも別名で塾やってて脱税して挙げられたから、エディックに名前変えて再スタート。
    一番ヤバイのは、明舞教室で女子生徒を椅子に縛り付けてヤバイ画像を撮影してターイホ。明舞教室が無くなったのは、これが原因か?
    なんでこんな塾が存在するのか分からんレベル。