鉄パイプ落下事故現場特定!事故数日前にも立つパイプ落下があっとの情報も

ニュース

悲しい事故が発生しました。

12階建てのビル屋上から長さ1.5m、 重さ5 kg の鉄パイプが落下し、 の鉄パイプが落下し、通勤途中だった男性の頭を直撃し、男性はなくなりました。

鉄パイプが落下して一人の男性を死に至らせた事故現場を特定できたと共に、事故数日前にも今回と同様に鉄パイプが落下していたという情報についてもお伝えします。

鉄パイプ落下事故現場について

 19日、和歌山市で、ビルの屋上付近から工事用足場に使う鉄パイプが落下し、通行中の男性の頭に当たりました。男性は運ばれた病院で死亡しました。

午前8時半ごろ、和歌山市十三番丁の路上で、「歩行中の男性が鉄パイプに当たってけがをしている」と複数の目撃者から消防に通報がありました。

警察や消防によりますと、12階建てビルの屋上付近から、長さ1.5メートル、重さ5キロの鉄パイプが落下し、そばを歩いていた大阪市中央区の銀行員・板垣智之さん(26)の頭に直撃したということです。板垣さんは運ばれた病院で死亡しました。

ビルでは、屋上に看板を設置する工事に伴う足場の撤去作業が行われていて、男性作業員が7人ほどいたということです。警察は業務上過失致死事件として調べています。

出典:TBS NEWS

鉄パイプ落下事故のまとめ

事故現場 和歌山県和歌山市十三番丁30 酒直ビル

事故内容 12階建てビルの屋上から長さ1.5m、重さ5kgの鉄パイプが落下し、通行中の男性の頭に直撃し男性が死亡。
被害者名前 板垣智之さん(26歳)
被害者職業 会社員(銀行員)

今回の事故は、26歳と若い男性が被害者となってしまいました。

長さ1.5m、重さ5kgの鉄パイプが12階建てのビルの屋上から地上に落ち、頭に直撃したと考えると鉄パイプが頭に当たった瞬間の衝撃はとんでもない破壊力だったことが想像できます。

ニュースで事故現場の画像見ましたが、男性の頭に鉄パイプが当たった場所は時間が経った現在でも男性の頭から出血した血が路面にこびりついていました。

詳細はわかりませんが、人間がビルから飛び降りた時と同じくらいの衝撃があったのではないでしょうか。

なぜ12階建てビルの屋上から鉄パイプが落下した?

ここで気になるのは、 「なぜ12階建てのビルの屋上から鉄パイプが落下して地上に落ちてしまった」のかです。

今回のようなビルで工事を行う場合、法律でも厳しく安全対策が義務付けられています

ましてや12階建てのビルになると、鉄パイプではなく長さ一センチほどのボルトが落ちたとしても、人の命を奪うほどの破壊力があることでしょう。

だから作業を行う企業には、万が一現場から物が落下してもビルの下には落ちないような対策が義務付けられています。

現場作業員の話では、誤って鉄パイプを落としてしまったということですが、安全対策がなされていなかったのではないかと疑ってしまいます。

そして、もう一つ気になる情報が入ってきていますのでご紹介します。

数日前にも鉄パイプが地面に落下?

今回の事故を受けて、『事故現場近くの人の話では数日前に今回の事故現場では今回と同様の事故未遂を犯していた』というのです。

今回の事故現場では、数日前にも12階建てビルの屋上から鉄パイプが地面に落下したというのです。

しかし、この時は運が良く人がいなかったため事故には至らなかったのです。

もし、本来は行わなくてはいけない事故対策を怠っていたとしても、事故未遂が発覚した段階で対処していれば今回のような被害者を生まなくて良かったと考えます。

 

大事な教訓を活かせていないということになりますね。

 

ネット上の声

 

まとめ

今回、鉄パイプの落下により26歳の若者の命がなくなりました。

事故未遂の情報が入ってきていますので、防ごうと思えば防げた事故だと考えられます。

事故現場の現場監督からすると、万が一事故が起きれば自分の責任が問われるのになぜ対策を行わなかったのか気になるところです。

今後の警察での調査結果でどのような理由があったのか明らかにしてほしいと思います。

亡くなられた板垣智之さんのご冥福をお祈りします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました