【台風19号】静岡県(静岡市、沼津市等)冠水情報!狩野川の状況についても!

ニュース

台風19号が日本列島東に進んでいます。

今回の台風19号は9月に大きな損害をもたらした台風15号と比べても比較にならないほど大型の台風となっています。

台風19号の規模については海外の専門家の間でも見たことがないほどの規模だということで、10月12日になって当初から予測されていたものの、東海地方では大きな被害が発生しています。

中でも、12日朝の時点ですでに静岡県では冠水しているところがあります。

 

この記事では、静岡県を中心にした冠水情報と今後、冠水をもたらすと考えられている狩野川の様子をお伝えします。


【台風19号関連記事】

嬬恋村(群馬県)が孤立状態!道路寸断、断水・停電等被害状況まとめ!
台風19号による群馬県嬬恋村が孤立状態にあり、道路が寸断され、断水、停電とライフラインに影響が出ている現状をお伝えするとともに、大きな被害を受けている道路や民家等の状況もお伝えします。
【茨城県】那珂川氾濫でひたちなか市、水戸市等が被害!なぜ報道されない?
台風19号による川氾濫が各地で発生していますが、茨城県那珂川氾濫で越水などの被害が報告されています。ひたちなか市や水戸市等に関するツイッターの情報を元に被害状況をまとめてみました。
八ッ場ダムの奇跡!吾妻川、利根川を救った?治水事業が功を奏す!
台風19号は東海地方、関東地方、東北地方と大きな被害をもたらしており、複数のダムでは貯水量が限界に達し放流が実施されました。群馬県にある八ッ場ダムは試験的な運用だったものの、吾妻川、利根川に流れ込むだった大量の水をダムで蓄え、川の氾濫を防ぎました。八ッ場ダムの貯水前の状況と後を比較して八ッ場ダムの奇跡をみていきます。

 


静岡市からの冠水情報

150号沿いの道路では車のタイヤ半分が冠水していますので、今後更に水かさは増すものと思われます。

とはいっても、台風が通過したわけではなくこれから台風が通り過ぎる状況にあって、想像するだけで恐ろしくなります。

静岡市駿河区の住宅地でも下記のような状態です。

朝の10時頃にはこのような状態だったことを考えると、台風の中心が近づく頃にはどうなるのか心配になります。

下記も静岡市駿河区の状況です。

静岡市駿河区の冠水は道路の側溝が溢れたようですね。

現在、台風による被害は静岡県から神奈川県に向かっていますが、ここで気になるのが沼津市の狩野川です。

静岡県沼津市狩野川の様子

今回の対数で注目されている川のひとつに狩野川があります。

これまでも川が溢れて大きな被害をもたらしたからです。

この狩野川が台風本体がやってくる前に異常事態となっています。

12日の午前中には放水路が開放されすごい勢いで水が海に流されています。

15時現在の狩野川の様子が下記です。

狩野川は既に放水しているにも関わらず静岡県東部では街が冠水し始めています。

冒頭でもお伝えしたように、台風が上陸して去った状態ではありません。

これから台風が行ってくるという状況で狩野川はいつ溢れてもおかしくないような状況になっているのです。

これから強い台風がやってきて雨と風が大暴れした後、狩野川氾濫となることだけはなんとしてでも避けていただきたいものです。神に祈るしかありません。

川の周辺の方は命優先で早めの避難を来ていただきたいと思います。

まとめ

静岡県を中心に台風による冠水情報をお伝えしました。

これらの情報は台風がやってくる前の状態です。

これから台風が最接近した時にこれ以上の被害が予想されますので、台風の進路となっている地域では細心の注意を測っていただきたいと思います。

台風はこれから神奈川県東京へと向かっていきますが、特に東京では荒川の氾濫が傷されていますので、くれぐれも早めの避難をしていただきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました