【らきすた聖地】鷲宮神社の鳥居倒壊!場所・倒壊原因・ご利益は?

ニュース

らきすたの聖地としても知られている鷲宮神社の鳥居が突然倒壊しました。

鷲宮神社は何故突然倒壊したのでしょうか?

また、鷲宮神社の場所やご利益等についてご紹介します。

 鷲宮神社とは?

鷲宮神社は、埼玉県にある神社です。

鷲宮神社の場所(所在地)

鷲宮神社の所在地(場所)は下記の通りです。

埼玉県久喜市鷲宮1丁目6番1号


鷲宮神社は別名「武蔵国鷲宮神社」と呼ばれることもあるようです。

理由は、栃木県に「下野国鷲宮神社」があるためです。

 

神社と言えばお祭りですが、鷲宮神社では11のお祭りが祭事としてあります。

 

鷲宮神社の祭事

【1月】

  • 歳旦祭(1月1日)
  • 元始祭(1月3日)

【2月】

  • 紀元祭(2月11日)
  • 年越祭(2月14日)
  • 祈年祭(2月20日)

【3月】

  • 例祭(3月28日)

【4月】

  • 春季祭(4月10日)

【7月】

  • 夏越祭(7月31日)

【10月】

  • 秋季祭(10月10日)

【11月】

  • 新嘗祭(11月26日)

【12月】

  • 大酉祭(12月初酉の日)

 

ご利益

鷲宮神社のご利益ですが、次のようなご利益があると言われているようです。

  • 商売繁盛
  • 縁結び
  • 交通安全
  • 家内安全
  • 出世金運
  • 厄難消除
  • 病気平癒

 

鷲宮神社の鳥居が崩壊

2018年8月11日に突然、鷲宮神社の鳥居が崩壊しました。

天気は晴れており、参拝者がいる中での崩壊だったようです。

まずは、鳥居の崩壊前と崩壊後の姿を御覧ください。

鳥居崩壊前

 

 

鳥居崩壊後

 

かなり大きな鳥居が倒壊しているのは本当にショックですね。

 

怪我人がいなかったのか気になるところです。

 

怪我人は?

幸い、怪我人はいないようです。

鷲宮神社ですが、ただの神社ではなくアニメの世界でも聖地として人気があったようです。

 

ただ、人間には被害は及んでいませんが、駐車中の車が被害を受けた模様です。

 

鳥居倒壊原因

8月11日になって突然鳥居が倒壊したわけですが、何が原因だったのか気になるところです。

調べたところ、現時点(11日14時)では明らかになっていません。

ただ、老朽化との噂もあります。

 

 

らきすたの聖地

「らきすた」は、美水かがみさん原作の4コマ漫画ですが、ゲームに使われたり、アニメ化されたり、小説にもなっています。

現在も「コンプティーク」「コンプエース」などの雑誌で掲載が続いています。

らきすたの聖地としていつから鷲宮神社が呼ばれるようになったのかですが、どうも2007年頃のようです。

きっかけは、2007年8月号として発売された「月刊ニュータイプ」の付録。

 

この付録でらきすたのの舞台のひとつとして鷲宮神社が紹介されたことでファンの間で聖地として認識されるようになったようです。

 

その後は、ファン巡礼としてファンが鷲宮神社を訪れるようになったとのこと。

 

ファンの方々は、絵馬にらきすたの登場人物の絵を描いたり、コスプレで記念写真を撮ったりしているのですが、その姿がメディがで紹介されたことで全国的に人気となったようです。

 

このことがきっかけで、鷲宮神社には参拝者が大幅に増加したことから町おこしの役目も担うようになっています。

ちなみに、鷲宮神社の2004年の初詣参拝者数が「15万人」だったの対して、10年後の2014年の初詣参拝者数は「47万人」と3倍以上の参拝者増となっています。

 

今回の鳥居倒壊でファンの方も悲しまれている様子が下記のツイートからうかがえます。


残念ながら鳥居は倒壊しましたが、らき☆すた神輿は無事のようで何よりですね。

 

まとめ

らき☆すたの聖地としても知られている鷲宮神社の鳥居が倒壊しました。

幸い怪我人はなかったものの駐車中の車が被害を受けた模様です。

鳥居の倒壊原因は老朽化ということですが、10年前には抜き取り検査も行ったということなのですが、いったいどういうことなのでしょうか?

 

 

 

 

コメント