山本竜次・前田直晴(未成年者誘拐)両容疑者逮捕!10代少女の供述にびっくり!

ニュース

山本竜次・前田直晴両容疑者が逮捕されました。

 

2人の容疑は「未成年者誘拐」です。

 

事件の詳細と2人の関係など調べた結果をお伝えします。

 

山本竜次容疑者・前田直晴容疑者のプロフィールと犯行内容

 

自殺願望があった千葉県内の10代の少女に対して「みんなで死のうか」などとSNSでメッセージを送って誘い出し、大阪府内などを連れ回したとして、男2人が未成年者誘拐の疑いで逮捕されました。警察の調べに対し、このうち1人は容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、住居不定の自称・無職、山本竜次容疑者(42)と、愛知県岡崎市の無職、前田直晴容疑者(24)です。

警察によりますと、2人は、先月1日から6日までの間、自殺願望があった千葉県内の10代の少女に対して「みんなで死のうか」などとSNSでメッセージを送って誘い出し、大阪や兵庫県内を連れ回したとして、未成年者誘拐の疑いが持たれています。

 

出典:NHK NEWS WEB

 

山本竜次・前田直晴容疑者のプロフィール

 

氏名 山本竜次
年齢 42歳
住所 不定
職業 無職

 

氏名 前田直晴
年齢 24歳
住所 愛知県岡崎市
職業 無職

 

犯行内容まとめ

 

容疑者  山本竜次・前田直晴
犯行日時 2018年9月1日-6日
犯行場所 大阪府内
被害者 10代少女
犯行内容 山本竜次容疑者と前田直晴容疑者は2018年9月1日から6日までの間10代の少女を連れ回した疑い。

 

山本竜次容疑者と前田直晴容疑者は2018年9月1日から6日までの間自殺願望のある少女に対してSNSで次のようなメッセージを送ります。

 

『みんなで死のうか』

 

もともと自殺願望がある少女だったからか、被害者の10代の少女は千葉県から大阪にやってきます。

 

そして、容疑者2人は少女を大阪を6日間連れ回したことで『未成年者誘拐』の容疑となったわけです。

 

山本竜次容疑者と前田直晴容疑者の関係

 

現在のところ、山本竜次容疑者と前田直晴容疑者の関係については明らかになっていません。

 

住んでいる場所も山本竜次容疑者は定まっておらず、前田直晴容疑者は愛知県と異なりますし、距離があります。

 

想像ですが、この2人の容疑者もSNSなどネットで知り合ったとも考えられるのではないでしょうか?

 

山本竜次・前田直晴容疑者の犯行動機

 

山本竜次容疑者と前田直晴容疑者の2人は10代少女と一緒にいた6日間、インタネットカフェで寝泊まりしており、怪我をしている様子もないとのこと。

 

山本竜次容疑者と前田直晴容疑者の供述

 

山本竜次容疑者と前田直晴容疑者は「未成年者誘拐」の容疑で逮捕されたわけですが、誘拐については否認しています。

 

そして、『一緒に自殺するつもりだった』と供述しているとのことです。

 

容疑者逮捕の経緯

 

容疑者逮捕は被害者とされている10代少女の行動がきっかけとなっています。

 

2018年9月6日の午後に、10代少女が兵庫県内の交番に出向きます

 

そして、「家でしてきた」と警察官に語ったことからこれまでの経緯が明らかにされ2人の容疑者逮捕となったのです。

 

ただ、「誘拐された」とか「暴行された」といった供述はしていないので、少女自体も誘拐されたとは思っていなかたのかもしれませんね。

 

まとめ

今回の事件は2人の大人が1人の少女を大阪を連れ回したことによる「未成年者誘拐」の容疑です。

しかし、現時点で明らかになっている供述からは「3人で一緒に自殺する」という供述も嘘とはいえないように感じます。

ただ、3人は6日間一緒にいたわけですが、あのまま一緒にいたらどうなっていたかはわかりません。

これから警察による取り調べが始まると思いますので状況を見守りたいと思います。

少女の命が失われなかったのは良かったですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました