吉澤ひとみ容疑者の保釈金300万円は相場と比べて妥当か?どのように決定されるのか?

ニュース

吉澤ひとみ容疑者が保釈されました。

気になる保釈金(保釈保証金)は300万円ということですが、この額は妥当な金額なのでしょうか?

また、保釈金(保釈保証金)はどのように決定されるのか?

この記事では上記についてご紹介します。


【関連記事】
【顔画像あり】吉澤ひとみの旦那が川前毅氏だと判明した経緯!会社名も明らかに!
吉澤ひとみさんが入院先に求める2つの条件!有力病院はどこ?


吉澤ひとみ容疑者の保釈金300万円は相場と比べて妥当か?

吉澤ひとみ容疑者は飲酒、ひき逃げを行い逮捕されました。

そして、逮捕後の供述も嘘の供述を行い世間からの目も日に日に厳しくなっていきます。

飲酒量もコロコロ変わり、反省しているのかも疑わしくなってきていました。

 

そんな吉澤ひとみ容疑者も逮捕から20日以上が経過し保釈時期と保釈金が噂去るようになってきました。

 

そして、本日(9月27日)保釈が決定し保釈されたわけです。

 

保釈金は300万円とのことですが、この額は妥当なのでしょうか?

まずは、保釈金について確認しておきましょう。

 

保釈金(保釈保証金)とは

まず、保釈金は保釈保証金という保証金だということを確認しておきましょう。

保証金ということなので、条件が満たされれば換金されるお金だということです。

そうです、保釈が認められるためには条件があり、その条件に同意したうえで保証金を支払うことで保釈が認められることになります。

だから、保釈金のことを保釈保証金と呼ばれるのです。

後に返金される預け金とも言えます。

 

では、保釈金はどのように決まるのか気になるところです。

 

保釈金(保釈保証金)の決定方法

保釈保証金は刑事訴訟法で定められていますが、保釈金の額については次のように決定されることが多いようです。

 

  1. 財産状況
  2. 事件の内容

 

「1」については、財産に見合う保釈金でなければ、保釈対象者の負荷にならないということなのでしょう。

財産を預金と置き換えた場合、預金額が100万円の人にとっての保釈金100万円と預金額が1000万円の人にとっての保釈金100万円は価値が異なります。

 

「2」については、事故が発生した状況や被害者の状況によっても保釈金は変わってくるということですね。

今回の吉澤ひとみ容疑者については、事件の内容については酷い状況ですが、幸い被害者が軽症だったので保釈金の決定にも影響したのではないでしょうか。

 

保証金とは言え、簡単に支払える額ではダメだということですね。

 

また、保釈金は値引き可能であり、保釈される本人が支払う必要がないとのことです。

 

保釈金が値引き可能なのはびっくりでした。

 

保釈金相場

 

保釈金相場ですが、おおよそ次のように言われています。

 

【一般サラリーマン】

150万円~300万円

 

【サラリーマン(部長以上)】

300万円~500万円

 

ただ、同じサラリーマンや部長以上の役職であっても会社の規模によって収入額は大きくことなりますので、大企業に努めていて収入が大きい場合は保釈金が1千万円を超えたり、1億円を超える場合もあるようです。

 

吉澤ひとみ容疑者の保釈金の妥当性

吉澤ひとみ容疑者の保釈金は300万円です。

ということは、一般サラリーマンの上限値に位置づけられます。

吉澤ひとみ容疑者のタレントとしての知名度を考えると収入が一般サラリーマンクラスとは思えません

少なくとも、部長以上のサラーリーマンの年収はあるはずです。

 

「吉澤ひとみ容疑者の保釈金(保釈保証金)300万円は少なすぎる」と考えます。

 

まとめ

本日、吉澤ひとみ容疑者が保釈され、言葉少なめながら謝罪の言葉を述べました。

しかし、後日ご自身の声で詳細を語る機会が設けられる必要があるでしょう。

コメント