養田幸樹容疑者(ようだこうき)逮捕で顔画像公開!体液つける行為は平田匡嘉容疑者逮捕と激似!

ニュース

養田幸樹容疑者が逮捕されました。

 

逮捕容疑は、『わいせつ行為』です。

 

この事件は2年前の事件ですが、昨日逮捕された養田幸樹容疑者の犯行内容と激似しています。

 

養田幸樹容疑者が行った犯行内容とまとめましたのでお伝えします。

 


【関連記事】
■平田匡嘉容疑者が女子高生に体液かけ逮捕で変態で最悪!犯行動機や余罪は?(NEW)
■松丸亜聖容疑者(まつまるあせい)逮捕で顔画像公開!小学生相手の犯行動機と余罪は?
■岸川勇樹容疑者(きしかわゆうき)わいせつ行為で逮捕!犯行動機・余罪・顔画像は?
■三上和也容疑者(みかみかずや)逮捕!元カノ女子高生への犯行動機・余罪は?
■吉永孝三容疑者(よしながこうぞう)逮捕で顔画像公開!犯行動機・手口・余罪は?
■板橋勇太(いたばしゆうた)容疑者逮捕で顔画像公開!犯行動機や余罪も明らかに!
■石川智(いしかわとも)容疑者が盗撮で逮捕!顔画像・犯行動機・余罪は?
■小林泰彦(こばやしやすひこ)容疑者の顔画像特定か?スマホで盗撮容疑で逮捕!


養田幸樹容疑者のプロフィールと犯行内容

 

 東京・葛飾区の路上で20代の女性の胸をいきなり触り、自分の体液をつけるなどわいせつな行為をしたとして、27歳の男が逮捕された。 警視庁によると、無職の養田幸樹容疑者は2016年12月、葛飾区の路上で、20代女性に背後からいきなり抱きついて胸や股間を触った上、自分の股間を触らせて体液をつけるなどわいせつな行為をした疑いが持たれている。 養田容疑者は先月、同様の事件で埼玉県警に逮捕されていて、DNA型が女性に付着していた体液と一致したという。調べに対し、養田容疑者はおおむね容疑を認めているという。

出典:日テレNEWS24

 

養田幸樹容疑者のプロフィールと顔画像

氏名 養田幸樹(ようだこうき)

引用元:日テレNEWS24
年齢 27歳
住所 東京都葛飾区小管1丁目
職業 作業療法士

 

養田幸樹容疑者は、作業療法士の27歳の男性です。

 

犯行内容まとめ

 

容疑者 養田幸樹
犯行日時 2016年12月
犯行場所 東京都葛飾区の路上
容疑 わいせつ行為
被害者 女子高生(18歳)
犯行内容 養田幸樹容疑者は、2016年12月、20代女性にわいせつ行為をはたらいた疑い。

 

養田幸樹容疑者は、今から2年前の2016年12月、東京都葛飾区の路上でいきなり当時20代女性に抱きついて『胸や股間を触った』とのこと。

 

さらに養田幸樹容疑者の犯行はこれだけで終わりませんでした。

 

驚くことに、『養田幸樹容疑者の股間を触らせて自分の体液を付けた』というのです。

 

なんか最近似たような事件があったと思えば、昨日報道された事件とよく似ています。

 

似ているというよりは養田幸樹容疑者の犯行の方が酷いと言えます。

 

養田幸樹容疑者と平田匡嘉容疑者の犯行比較

 

養田幸樹容疑者と平田匡嘉容疑者の犯行内容を表で比較すると次のようになります。

 

養田幸樹容疑者 平田匡嘉容疑者
犯行内容 20代女性に対して、

  • 抱きついた
  • 胸を触った
  • 股間は触った
  • 自分の股間を触らせた
  • 体液を付けた
 

通学途中の女子高生に対して、

右足首に体液をかけた

 

平田匡嘉容疑者は、被害者の女子高生に対して『体液をかけた』だけですが、

養田幸樹容疑者は、20代の女性に対して『抱きついて』『胸を触って』『股間を触って』『養田幸樹容疑者の股間を触らせて』その上で、『体液を付けて』います。

 

ただ、両者とも『自分の体液を他人に付ける』という変態行動をしているのは気持ち悪いですね。

 

次は、事件から2年が経過した今、なぜ養田幸樹容疑者逮捕となったのかの経緯をお伝えします。

 

養田幸樹容疑者が逮捕された経緯

 

養田幸樹容疑者は2016年の犯行から逃げていたわけですが、犯行から2年が経過した今、逮捕となりました。

 

 

逮捕のきっかけは、先月(10月)に養田幸樹容疑者が逮捕されたことにあります。

 

養田幸樹容疑者は先月、『2年前と同じ様な事件を起こし逮捕』されたのです。

 

その時の『体液をDNA鑑定したところ2年前の体液と一致』したことから逮捕となったのです。

 

養田幸樹容疑者は容疑について認めています。

 

ちなみに先月逮捕時の犯行内容は次の通りです。

 

『埼玉県川口市の公園で女児の体を触り、養田幸樹容疑者の下半身を露出した』

 

この時の犯行動機は『性欲を満たすため』だったということです。

 

犯行動機は?

 

今回の事件の犯行動機についも明らかになっています。

 

養田幸樹容疑者の犯行動機がまた自分勝手なものなのです。

 

『悪いことをしている事に興奮する』

 

本当に愉快犯そのものですね。

 

養田幸樹容疑者は被害者の女性を工事現場に連れ込もうとしていたということですので、最悪暴行に至っていたのかもしれませんね。

 

余罪は?

 

余罪に関してですが、既にお伝えしたとおり、今回の事件そのものが余罪となります。

 

ということは、『余罪はある』とういことになります。

 

 

今後の取り調べで新たな犯行が明らかになる可能性も高いのではないでしょうか。

まとめ

 

今回逮捕された養田幸樹容疑者は、わいせつ行為を繰り返しており、直近では未就学の女児に対しても犯行を行っています。

余罪もあり、同様の事件も調査中とのことですので、性犯罪者の特徴である再犯率の高さが証明される形になりました。

厳罰に処していただきたいものです。

コメント