白岩優奈によるクラウドファンディングでの活動資金調達に対する口コミ情報!

フィギュアスケート

2018年11月15日、白岩優奈さんがフィギュアスケートの活動資金をクラウドファンディングを使って集めることが報道されました。

 

これまで、フィギュアスケートの選手がクラウドファンディングで活動資金を集めるという事例がなかったこともあり、注目されました。

 

募集金額は「400万円でした。

 

それが、ヤフーニュースで取り上げられたこともあり多くの人の目にとまりました。

 

結果、『1日もかからずに募集金額400万円は達成』し、今も資金は集まり続けています。

 

前例のないクラウドファンディングを使っての資金公募なので様々な口コミ情報が出ていますが、概ね「応援する」という口コミが多い一方で、日本スケート連盟に対する口コミが多いのが目立ちます。

 

この記事では、白岩優奈さんが行ったクラウドファンディングに関する口コミ情報をご紹介します。

口コミ情報に関しては、著作権の関係がありますので、意味は同じになるように一部表現を変えてご紹介させていただきます。


【関連記事】
白岩優奈 クラウドファンディング(ACT NOW)で資金調達の仕組み!必要経費はサラリーマン年収並み!


白岩優奈さんを応援する口コミ

 

海外合宿や振り付けなどで海外に出向くのはお金がかかるよね。

次の試合も良い成績を出して資金集め頑張ってほしいですね。

応援するよ!

ロシアのフィギュアスケート人口が多いのは、費用を国が負担しているからなんだよね。だから、ロシアの子どもたちはフィギュアスケートがお金のかかるスポーツだと知らないんだろうな。

一方、日本ではお金がなければ実力があってもフィギュアスケートは続けられないという現実があるね。

日本も口だけでなく資金面でもフィギュアスケートを応援して上げて欲しいね。

お金持ちのお嬢様がフィギュアスケートをやっているわけではないんですね。選手のご家族の協力は相当だったと思います。

クラウドファンディングの途中経過をみると既に半分近く集まっているので目標達成するといいですね。応援しています。

飛び抜けた才能があれば別だけど、フィギュアスケートは貧乏人がするスポーツでは無いですね。年間活動費が

健気ですね。資金力のある華やかな選手がいる一方で自ら資金集め(クラウドファンディング)をする決断は悩んだと思います。もっと応援したくなりました。

いろいろな意見があるようですが、私は是非応援させていただきます。自分が応援したい選手に少額でも投資することで、一緒に夢を見させてもらえると考えると良いシステムです。

クラウドファンディングでの資金集めは海外でよく聞きますね。1000円から支援できるので、応援しやすいです。今週末の大会応援しています。

お金という形での応援ですが、少額での応援でも応援する喜びが出てくるのでファンとしては嬉しいと思いますよ。

白岩優奈選手の笑顔はいいですね。大好きです。

今後も応援しています。

目標金額が1日で達成とは素晴らしいですね。

注目選手のひとりだけに勇気のいる行動だったと思います。

目標金額が達成したということは、それだけ白岩優奈選手を応援したいと思わせる選手だったということなので自信を持ってくださいね。

才能がある選手が資金の問題で諦めてしまうのはフィギュアスケートに限らず珍しくないので、個人で資金集めができるクラウドファンディングは良い活動ですね。

応援した人だけが応援すればいいんだから、お金を払っていない人がいちいち文句言わる筋合いはないですね。

お金を払った人にしても、たとえ結果が思わしくないからといって怒らないと思いますよ。

 

 

 

スケート連盟に対する口コミ

 

選手に物乞いみたいな活動させてスケート連盟は恥ずかしくないのだろうか?

スケート連盟は儲かってるんだから、もっと強化選手に対する強化日に還元できないのかな。還元してあげたらいいのに。

クラウドファンディングでの集めは良いアイデアだと思う。

でも、スケート連盟がもっと手厚く支援してあげれば良いのに。

日本はこのままだと若い段階で飛び抜けた実力の選手にしか強化費が出ないので先細りになるような気が。

スケート連盟の役員ばかりが儲かるシステムは改めてほしい。

微力ながら支援させていただきました。

フィギュアスケートは本当にお金のかかるスポーツですね。

ロシアは学校に行かなくてもフィギュアスケートの練習だけで単位が取れますが、日本は学校に行きながら練習しなくてはいけないですね。

今の日本はフィギュアスケートの人気が高く、ゴールデンタイムのテレビ放送があるので、今のうちに次世代への投資をしっかり行って欲しいです。

 

スケート連盟の偉いさん達の人数を減らして、その分を選手たちに還元すればいいのでは。

応援しています。

でも、目標額を超えたら、超えた分の金額の10%がスケート連盟に上納しなければならないのは本当なのか?解せないです。

 

 

 

まとめ

 

白岩優奈さんがラウドファンディングで活動資金を募ったわけですが、わずが1日で目標金額を達成しました。

あまりフィギュアスケート選手でクラウドファンディングを実践した選手は少ないこともあり、いろいろな口コミがありましたので一部をご紹介させていただきました。

応援したい人だけが応援するシステムは個人で資金集めが必要な方には向いているかもしれませんね。

ただ、そのためには魅力ある選手である必要はあるとおもいますね。

コメント