大谷翔平ホームランダービー初戦敗退の原因は?ハグ姿がかっこいい!

ロサンゼルスエンジェルスの大谷翔平選手が日本人としてメジャーリーグオールスターホームランダービーに出場しました。

 

今シーズンすでに33本のホームランを打っている大谷翔平選手は今年のホームランダービーの第1シードとして8番目の選手として出番が回ってきました。

 

残念ながら初戦敗退となってしまいましたがその原因は画面を見ていて何となく分かるような気がしています。

 

しかし、敗戦後のインタビューを見てもホームランダービーを楽しんだ大谷翔平選手の表情や球場にいる様々な選手からハグを求められている姿は本当にかっこいいと思いました。

大谷翔平ホームランダービー初戦敗退の原因は?

 

 

今年のオールスターゲームはコロラド州デンバーで開催されています。

 

メンバーといえば標高が高いことで有名な場所です。

 

通常の球場と比べて空気が薄いことからボールがよく飛ぶと言われています。

 

その影響もあってホームランが出やすいということで有名です。

 

ピッチャーよりもバッター有利の球場と言えそうです。

 

そう考えれば、メジャーリーグへの扉を開けたパイオニアである野茂英雄選手がこの球場でノーヒットノーランを記録したことは本当に素晴らしい偉業と言えるでしょう。

 

このような背景もあって、デンバーで開催されるホームランダービーはダントツで大谷翔平選手が有利だと伝えられていました。

 

なぜなら、大谷翔平選手なら思いっきり振らなくてもホームランになるからです。

 

ただ、普段フルスイングをしているのにホームランダービーだけ力を抜くとこれまで好調だったバッティングの形を崩してしまう恐れはあったでしょう。

 

ところで本題に戻ると、今回第1シードであった大谷翔平選手が初戦敗退してしまいました。

 

その原因として考えられるのは、疲れではないでしょうか。

 

本日のテレビ放送では大谷翔平選手が出番が回ってくるまで他の場所でバッティング練習をしている風景が映っていました。

 

解説をしていた小早川さんも心配していましたが、見ている方も疲れるのではないかと感じるほどでした。

 

実際、グラウンドに現れた時の大谷翔平選手はちょっと疲れているように感じました。

 

いよいよホームランダービーのスタートです。

 

ホームランダービーがスタートしてからすぐに異変を感じました。

 

なぜなら、大谷翔平選手が打ったボールが上がらないのです。

 

ヒット製のライナーばかりでホームランになるような軌道ではないのです。

 

バッティングフォームを見るといつものアッパースイングなので、大谷翔平選手もホームラン唸るようにボールを上にあげたいと思っていたはずです。

 

最初の1分でなかなかホームランになりません。

 

なんとか最終的に対戦相手と並んだもののこの時点でかなり疲れている様子でした。

 

 

テレビの画面にも大谷選手が「疲れた」という 声を出している姿が映し出されていました。

 

 

その後対戦相手の外選手とホームラン鈴鹿並び最終的には3スイング勝負のサドンデスに持ち込まれました。

 

ソト選手が3スイング全てホームランにしたのに対して、大谷選手は初級を頃にしてしまいジエンドです。

 

この瞬間大谷翔平選手の初めてのホームランダービーの敗戦が決定しました。

 

ただ、1回戦の中ではダントツに見応えのあったショーだったのではないでしょうか。

 

初戦敗退といえどもクアーズフィールドに集まったお客さんや選手達にも喜んでもらえたように感じました。

 

ホームランダービーには初戦敗退した大谷翔平選手ですが、 オールスター本線は明日です。

 

それも、先発投手で一番バッターとして登場するのです。

 

そう考えれば、ホームランダービーに敗れはしましたが明日に少しでも余力を残せたのではないでしょうか。

 

今日は、ちょっと力みがあったようにも感じましたね。

大谷翔平のハグ姿がかっこいい!

 

今年のメジャーリーグのオールスターゲームの主役はなんといっても大谷翔平選手です。

 

普段戦わないリーグの選手や監督も注目していることです。

 

そのせいか、球場内では様々な選手とハグする大谷翔平選手の姿が映し出されていました。

 

 

選手と一緒にいるお子さんも一緒ですね。

 

大谷翔平選手は現在ホームランダービーのトップを独走しています。

 

そして、メジャーリーグの先発投手としても活躍しています。

 

長いメジャーリーグの歴史の中でもこのような選手はベーブルースしかいないのです。

 

大谷翔平選手はベースボールが上手なだけではなく人間的にも優れた青年です。

 

イチロー選手が20年間にわたりメジャーリーグで活躍したように、大谷翔平選手もメジャーリーグで長い期間活躍していただきたいものです。

 

まとめ

 

ロサンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手が初めてメジャーリーグのオールスターゲームホームランダービーに登場したものの初戦敗退したということをお伝えするとともに敗戦原因についてお伝えしました。

 

筆者が考えるには「疲れ」もしくは「力み」が原因だと考えます。

 

ただ、一生祭りであるホームランダービーなので大谷翔平選手が楽しんでいる姿を見てこちらも楽しくなってきました。

 

そして、他球団の選手とハグしている姿は本当にかっこいいと感じました。