老川オーナー辞任と坂本勇人選手登録抹消の関係はある?ない?

プロ野球

巨人の老川オーナーが辞任しました。

また、同日、ジャイアンツの坂本勇人選手が登録抹消されました。

ファンの間には、老川オーナー辞任と坂本勇人選手の登録抹消が関係しているのではと心配しているようです。

真相はどうなのでしょうか?

 

老川オーナー辞任の理由

老川オーナーが辞任した理由は、ジャイアンツ内部で不祥事が続いていることに対する責任を取っての辞任です。

 

6月には篠原慎平投手、河野元貴捕手が処分されました。

この件は、飲食店で裸になり、その画像をインスタブラムに投稿したことが原因です。

結局、今季終了まで出場停止処分と罰金が課されました。

 

7月には柿沢貴裕選手がロッカーから阿部慎之助選手など複数の選手の道具を盗み、ネットで販売していたことで契約解除となっています。

 

そして、元トレーナー(業務契約)のわいせつ行為報道。

 

老川オーナーはこの3件の責任を取った形です。

 

 

坂本勇人選手の登録抹消の理由

坂本勇人選手については、当初選手登録抹消されるという報道しか行われていませんdした。

そのことで、「もしかすると坂本勇人選手も問題を起こしたんじゃ!」となったことで老川オーナー辞任と重ねて考えた人が増えたのだと思います。

 

 

その後、坂本勇人選手が登録抹消される理由が明らかになりました。

 

坂本勇人選手は17日、早出練習には参加していました。

しかし、試合前の全体練習には参加していません。

全体練習の前には球場をあとにしています。

 

登録抹消の理由は、早出練習で怪我をしたのだと思っていましたが違いました。

16日の試合で「左脇腹を痛めた」ことが理由のようです。

 

老川オーナー辞任と坂本勇人選手の選手登録抹消は関係ないようです。

 

まとめ

老川オーナー辞任と坂本勇人選手の選手登録抹消が同日だったことでファンを心配させることになりました。

しかし、お伝えした通り、坂本勇人選手の選手登録抹消は怪我のためでした。

ファンとしては一安心ですね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました