吉田輝星選手がハズレ1位で重複指名にならなかった本当の理由!人気・実力が無い?

プロ野球

吉田輝星選手が2018年のドラフトで、ハズレ1位であるものの、日本ハムから単独1位指名を受けました。

 

しかし、夏の甲子園で準優勝した後には、「複数球団が重複指名する」とか「1位指名で消える」とまで言われていました。

 

それなのに、ドラフトの蓋を空けてみると1回目の1指名ではどの球団も吉田輝星選手を絞めるする球団はありませんでした。

 

なぜこのような状況になったのかを調べたところ、各球団が共通認識として持っていることが原因だとわかりましたのでご紹介します。

2018年ドラフト会議(1位指名)の振り返り

 

冒頭でもお伝えした通り、夏の甲子園が終了した時点では吉田輝星選手の株は最高潮に達し、ドラフトの目玉のひとりと言われるようになっていました。

 

元プロ野球選手も絶賛するほどで、3冠王を複数回達成し監督としても実績を残した落合博満さんも絶賛していたほどです。

 

しかし、ドラフトが近づくにつれて吉田輝星選手についての評価に変化が現れるようになりました。

 

それまでは、「複数球団が競合する」と言われていたのが、「最悪1位指名はなくなるかも」と言われるようになったのです。

 

このような中、ドラフト会議の日を迎えました。

 

蓋を開けてみると 第1回指名で吉田輝星選手を指名した球団はゼロ。

吉田輝星選手を1位で指名した球団はありませんでした
「最悪1位指名はなくなるかも」という噂が現実になったのです。

 

1位指名された選手はわずか4名

今年のドラフトで1位指名された選手は全12球団で4人しかいませんでした。

 

ということは、重複指名を受けた選手がいたことになります。

 

西武が指名した松本航選手は単独指名でしたので、松本航選手以外の3選手が重複指名だったということになります。

重複指名を受けた選手が次の3名です。

 

  • 根尾昂(大阪桐蔭高校):4球団から指名
  • 藤原恭大(大阪桐蔭高校):3球団から指名
  • 小園海斗(報徳学園高校):4球団から指名

 

実に、この3選手に11球団が指名したことになります。

 

1巡目の指名者に吉田輝星選手はをは示しませんでした。

 

ハズレ1位で指名を受ける

 

1巡目で重複指名を受けた選手の再指名が終わったあとはいわゆる「ハズレ1位」の指名に入ります。

 

ハズレ1位でも重複指名を受けた選手はいたのですが、吉田輝星選手はどうだったのかというと

 

『日本ハムが単独指名』

 

することになりました。

 

そうです。

ハズレ1位でも吉田輝星選手を指名したのは日本ハムだけだったのです。

 

でも、結果的に日本ハムの戦略がピタリとハマったと言っても良いでしょうし、吉田輝星選手としては一番いい球団に指名されたのではないでしょうか。

 

そはいっても、一時は1位指名で競合するとまで言われた吉田輝星選手が、ハズレ1位、それも単独指名で重複なしだったのです。

 

なぜ、このような状況になったのかを見てみましょう。

 

吉田輝星選手に重複指名がなかった理由

 

日本ハムが吉田輝星選手を単独指名し交渉権を獲得したわけですが、なぜこのような状況になったのかをご紹介したいと思います。

 

吉田輝星選手といえば今年の夏の甲子園で 大活躍したことで一気に注目を浴び、ドラフト候補に躍り出ました。

 

特に9月に入ってからはドラフトに向けて様々な情報が飛び交っていました。

 

では、なぜ今になって 吉田輝星選手の人気が下がったのか気になるところです。

 

実際のところ、吉田輝星選手の人気がなくなったのではありません

 

今年のドラフト対象選手に影響してるところが多いようです。

 

どのようなことかと言うと、今年は例年に比べて目玉となる、特に即戦力となる選手が不作だと言われています。

 

一方、特定のポジションの選手に限っては稀に見る良い選手がいたというのです。

 

もうおわかりの通り、その選手こそが大阪桐蔭高校の根尾昂選手であり、報徳学園高校の小園海斗選手ということです。

 

根尾昂選手と小園海斗選手の共通点

 

この2人に共通しているのは ポジションです。

 

2人とも『ショート(遊撃手)』というポジションを守っています。

 

2人は 遊撃手として 優れているだけでなく、走攻守揃った選手という共通の特徴を持っています。

 

専門家によると、「ショート(遊撃手)」というポジションは特に難しいポジションで、「ショート(遊撃手)」というポジションを守れるスター 選手はなかなか出てこないということです 。

 

それが今年に限っては2人も優れた「ショート(遊撃手)」を守れる、それも走攻守揃ったスター候補となる選手が現れたということなのです。

 

「ショート(遊撃手)」というポジションはセンターラインを固めたい球団にとっては喉から手が出るほどの欲しい選手なのです。

 

「ショート(遊撃手)」はキャッチャー(捕手)と同じで 一度レギュラーをとると10年は安泰だと言われています。

 

それほど、このポジションでレギュラーを掴むことは難しく、一度レギュラーを掴むと10年間は任せることが出来るということです。

 

2018年ドラフトは投手よりも遊撃手

 

吉田輝星選手はピッチャー(投手)です。

 

専門家から言わせると、投手に関しては 毎年のように良い選手が出てきますが、 「ショート(遊撃手)」で優れた選手はあまり出てこないということです。

 

更に、吉田輝星選手は高校生ですので、プロに入って即1軍でプレーするレベルにあるかというと難しいのが現状だと言われています。

 

まずは2軍で育てることが必要なのが現状です。

 

ということは、即戦力を望む球団は指名しづらいとも言えます。

 

その点、日本ハムは高校生を指名して投手だけでなく、野手についても数年後にはスター選手に育てているという実績があります。

 

選手育成に長けた球団と言うことが出来るでしょう。

 

だから、日本ハムは、高校出の吉田輝星選手にとっては一番良い球団に指名されたということが出来ます。

 

まとめ

 

今年のドラフトの主役のひとり吉田輝星選手がハズレ1位で、単独指名になった理由についてご紹介しました。

吉田輝星選手は日本ハムに入団することになると思いますが、2~3年後に1軍で活躍できれば良いと考えて育ってくれればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました