道端アンジェリカ 美人局の疑いが高まる3つの理由!

道端アンジェリカさんが書類送検されました。

当初、道端アンジェリカさんの旦那さんが恐喝で逮捕されましたが、道端アンジェリカさんは旦那が怖くて止められなかったと語っていました。

しかし、不自然に思えることが多かったですね。

そして、旦那の恐喝現場にいた道端アンジェリカさんが書類送検されたということは、道端アンジェリカさんも共犯とみなされたと考えて良いでしょう。

ということは、当初からあった「美人局疑惑」が本当だったと感じられます。

この記事では、道端アンジェリカさんが美人局だと想像できる理由を3つご紹介したいと思います。

 

道端アンジェリカさんが美人局だと想像出来る3つの理由

 

道端アンジェリカさんが美人局だと考えられるのは次の3つの理由からです。

3つの理由
  1. 犯行現場の旦那の店の個室に防犯カメラ設置している
  2. 恐喝された人物と旦那の店でいちゃいちゃしていた
  3. 旦那が怖くて恐喝を止めなかった理由がおかしい

それぞれについて説明します。

 

犯行現場の旦那の店の個室に防犯カメラ設置している

道端アンジェリカさんの旦那さんは、恐喝された被害者と道端アンジェリカさんが自分の店の個室でいちゃいちゃしていたとして35万円の慰謝料を要求したことが恐喝として逮捕されました。

旦那さんのお店は会員制の高級店ということです。

会員制で高級店となれば、お客さんは一見さんではなく身元のしっかりとしたVIPなお客さんが対象と想像できます。

そして、VIPのお客様は他人に見られるのを嫌うため個室を利用します。

それなのに、個室の様子が録画されているのは不自然です。

お客さんに見えないように録画していたとなれば、お客さんは減るのではないでしょうか?

では、なぜ個室を録画するのかを考えると、普段からこの場所の様子を確認出来るようにする必要があり、証拠として提出出来るようにしていたと想像できます。

 

恐喝された人物と旦那の店でいちゃいちゃしていた

道端アンジェリカさんは旦那が怖くて恐喝を止められなかったと語っています。

しかし、そんな怖い旦那のお店で肌を密着させるなんて考えられません。

当然、個室の様子が録画されていることは知っていたと考えるのが普通でしょう。

それに、普通に話すだけなら肌が触れ合うような並び方はしないし、旦那の店で会うこともないでしょう。

このように考えると、敢えて旦那が起こる状況を作り出したと考えることが出来ますね。

旦那が怖くて恐喝を止めなかった理由がおかしい

旦那が怖くて恐喝を止められなかったと言っていますが、そんな怖い旦那のお店でいちゃいちゃできないでしょう。

 

この3つの理由だけでも、道端アンジェリカさんが語っていることに違和感があります。

 

素人の考えて不自然なことが多いので、警視庁は書類送検したのでしょう。

 

ネット上の声

 

 

まとめ

道端アンジェリカが書類送検されたということで、これまでモヤモヤしていた仮説をまとめてみました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました