10万円給付金が受け取れるのはいつで対象は誰?自己申告申請方法は郵送とオンライン?

ニュース

4月17日、安倍首相から国民1人あたり10万円の給付金支給を発表しました。

 

これまで政府は、著しく収入が減少した世帯当たり30万円の支給する案を発表していたので、急転直下の方針変更となります。

 

今回の安倍首相の記者会見を受けて、国民の中には様々な不安と疑問が浮かんでいると思いますので、主に疑問を持たれていることについてまとめてみました。

10万円給付金が受け取れる対象は?

 

 

今回国民1人あたり10万円の給付金が支給されることになったのですが、麻生財務大臣のようにちゃちゃを入れていくる閣僚がいるので、「自分は対象ではないんじゃ?」と不安になっている方がいると思います。

 

10万円給付金が受け取れる対象ですが、「全ての国民」ということです。

 

日本に住む外国人も対象?

 

 

10万円給付金が受け取れる対象を「全ての国民」とした場合、「日本に住む外国人は対象外?」と思われるかもしれませんが、「日本に住む外国人も対象」となるようです。

 

赤ちゃんや新生児、子供も対象?年齢は何歳からが対象?

 

 

国民といった場合、生まれたばかりの新生児(赤ちゃん)や小さなお子さんがいる家庭では、自分の子供たちは対象になるのか気になると思いますが、「赤ちゃんや子供も対象」となり、年齢制限はありません。

 

ただ、給付金の支給を受けるためには前提があります。

住民基本台帳がベースで給付される

 

 

今回の10万円給付ですが、「住民基本台帳」をベースに給付されるようです。

 

よって、国籍に関係なく住民基本台帳に登録されていれば給付対象になるということです。

 

裏を返せば、住民基本台帳に登録されていなければ給付対象から外れるとも言えそうです。

 

住民基本台帳がベースなのは申請方法に関係しています。

10万円給付の申請方法は?

 

10万円給付金が国民に支給されることは決定していますが、国民一人ひとりに届くには、どうすればよいのか気になるところです。

 

政府から自動的に国民一人ひとりに届けられるのかと言えばそうではありません。

 

麻生財務大臣が言っていたように「手を挙げた人」が対象になるようです。

 

「手を挙げる」ということは「欲しいです!」と申請することに他なりません。

 

要するに自己申告するということです。

 

では、どのような申請方法があるのでしょうか?

 

安倍首相の記者会見では、新型コロナウイルス感染リスクを減らすために市町村窓口での申請は受け付けないと述べられていました。

 

市町村の窓口で申請受付を行った場合、三密どころではない大勢の人が集まってしまうからです。

 

そこで、「郵送」「オンライン」による申請方法が対象となるようです。

 

郵送による申請

 

 

申請といっても、先ほどお伝えした住民基本台帳を基に世帯ごとに住人名が予め記載された申請用紙が各世帯に郵送で届けられ、10万円給付金が欲しい場合は、届けられた申請用紙に口座番号などを記載して返信することになるようです。

 

「手を挙げる」とは「申請要しを送付する」ということです。

 

お金持ちの方などが「申請用紙を送付しない」場合は、給付金は支給されないということです。

 

マイナンバーカードによるオンライン申請

 

 

「郵送」での申請が最も多いと思われますが、「マイナンバーカード」での申請も受け付けられるようです。

 

財務省からするとマイナンバーカードでの申請に一本化したのが本音でしょうが、マイナンバーカード保有者の割合が低いため、郵送との併用となりそうです。

 

郵送またはマイナンバーカードで10万円給付の申請が終われば気になるのは「いつ受けてれるのか」についてです。

給付金10万円はいつ受け取れる?

 

新型コロナウイルス感染者の拡大を防ぐため、全国を対象に緊急事態宣言が発令され、企業は休業状態のところが多く、アルバイトやパートで働く方の仕事もなくなっています。

 

だから、国民としては出来るだけ早くの支給を希望しています。

 

では、いつになったら支給されるのでしょうか?

 

著しく減収した世帯に30万円支給するという案のときには、条件が複雑で数カ月先になると噂されていましたが、住民基本台帳に登録されている情報を基に一律10万円支給であればそれほど時間は要さずに済むと考えられます。

 

目処としては『5月中を目指す』とのことです。

まとめ

 

10万円給付金について、誰が対象で、いつもらえるのか、給付金をもらうためにはどの様な申請が必要なのかについてお伝えしました。

 

財務省としては支給したくないようですが、出来るだけ早く支給して頂きたいものですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました