伊藤仁士(小6女児誘拐)のFacebookや経歴は?ロリコンで余罪も?

ニュース

2019年11月17日から行方がわからなくなっていた大阪市住吉区の小学校に通う小学6年生の女児赤坂彩葉さんが無事保護され、犯人として伊藤仁士容疑者が逮捕されました。

伊藤仁士容疑者は栃木県在住で赤坂彩葉さんは栃木県で保護されたことになります。

赤坂彩葉さんはどのように大阪から栃木県まで行ったのでしょうか?

伊藤仁士容疑者の顔画像や経歴、Facebookアカウントを調べてみましたのでわかった部分をご紹介します。


【関連記事】


伊藤仁士容疑者のプロフィールと犯行内容

 

今月17日から行方が分からなくなっていた、大阪 住吉区の小学6年生の女の子を誘拐したとして、警察は栃木県小山市の伊藤仁士容疑者(35)を未成年者誘拐の疑いで逮捕しました。

出典:NHK WEB NEWS

 

伊藤仁士容疑者のプロフィールと顔画像

氏名 伊藤仁士(いとうひとし)


出典:https://dot.asahi.com/wa/2019112400005.html

年齢 35歳
住所 栃木県小山市小山市犬塚1丁目

職業 不詳
勤務先 非公表

Facebookや経歴は?

Facebookについて調べたところ、伊藤仁士というアカウントが見つかりました。しかし、全くの別人で同姓同名でした。

よって、経歴についても現時点ではわかりません。

ただ、12歳と15歳の少女を監禁するということは年齢層の低い少女がこのみのロリコンの可能性もあるような気がしてしまいます。

犯行内容まとめ

 

容疑者 伊藤仁士
犯行日時 2019年11月17日
犯行場所 大阪府大阪市住吉区

容疑 未成年者誘拐
被害者 赤坂彩葉さん及び15歳の少女
犯行内容 伊藤仁士容疑者の自宅に被害者2名を監禁

 

現時点では、赤坂彩葉さんが保護され、犯人として伊藤仁士容疑者が逮捕された以外の情報は公開されていません。

世間でも注目の事件でしたので、多くの情報は公開されていませんので、新しい情報が公開され次第記事に追記させていただきます。

伊藤仁士容疑者が逮捕された経緯

伊藤仁士容疑者が未成年者誘拐容疑で逮捕されたわけですが、どのような経緯で逮捕されたのかをご紹介します。

赤坂彩葉さんが交番に駆け込む

伊藤仁士容疑者が逮捕されるきかっけは、赤坂彩葉さんが栃木県小山市にある犬塚交番に助けを求めたことがきっかけです。

赤坂彩葉さんは監禁されていた伊藤容疑者の自宅から約1kmを靴を履かずに靴下で歩いて交番までやってきたとのことです。

赤坂彩葉さんが交番に駆け込んできた11月23日午後9時頃は雨が降っていたのですが、傘もささずに歩いていたとのことです。

それも、監禁場所から交番まで直接来たのではなく、交番を探して彷徨っていたとのことです。

赤坂彩葉さんは「犯人に追いつかれたらどうしよう」と心配しながら必死で交番を探したことでしょう。

監禁されていたのは2人

赤坂彩葉さんは交番にたどり着き自分の名前を名乗り、警察官に「監禁されていて逃げてきた」と告げます。そして、驚いたことに監禁されていたのは赤坂彩葉さんだけでなく「もう一人いた」ことも告げています。

赤坂彩葉さんと一緒に監禁されていたのは15歳の少女ということが明らかになっています。

犯行動機は?

 

現時点では犯行動機は明らかになっていませんが、時間の問題ですので、明らかになった時点で記事に追記させていただきます。

余罪は?

 

今回、日本全国に衝撃を与えた事件で、同時に赤坂彩葉さんだけでなくもうひとり15歳の少女を監禁していた事実から、日頃から計画していた、もしくは余罪があったと考えても不思議ではないと考えられます。

なぜなら、今回保護された赤坂彩葉さんと伊藤容疑者は会員制SNSで知り合い、赤坂彩葉さんが電車で向かったと報道されていますので、もうひとりの監禁されていた少女もSNSを通じて伊藤容疑者と知り合い監禁されるようになったと考えるのが自然です。

そう考えると、これまでもSNSを通じて今回と同様な犯罪を起こしていても全く不自然ではありません。

まとめ

赤坂彩葉さんの勇気ある行動から犯人である伊藤仁士容疑者が逮捕されただけでなく、もうひとりの監禁者である15歳の少女も保護されました。

今回のような誘拐事件では時間の経過とともに命の危険につながるため、今回、監禁されていた2人が富士保護されてことは大変喜ばしいことですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました