岸谷五朗と寺脇康文の出会いは運命? 若い頃に所属した劇団は何?

男優

岸谷五朗さんと寺脇康文さんが運営する劇団ユニット「地球ゴージャス」が25周年を迎えます。

 

結成から25年経った今でも仲の良さが伝わってくるお二人が徹子の部屋に出演されます。

 

 

ただ気になるのが、タイプの異なるお二人どのようにして出会われ、仲良くなったのかです。

 

岸谷五朗さんに関しては、初めて見た役柄から「ヤンキー」や「チンピラ」のイメージが強く、今にも人を殺しそうな感じがしました。

 

一方の寺脇康文さんに関しては、優しい好青年といったイメージが強く、後にペット番組の司会を務められていたこれからも優しいイメージがあります。

 

この記事では、タイプの違うお二人がどのようにして出会い、意気投合したのかについてお伝えしたいと思います。

 

寺脇康文の若い頃はいま以上にかっこいい!嫁さん(奥さん)と岸谷五朗の関係は
俳優の寺脇康文さんが徹子の部屋に岸谷五朗さんといっしょに出演されます。 現在寺脇康文さんは58才ですが、58歳とは思えないほどかっこいいです。 しかし、58歳でこれだけかっこいいのですから若い頃はさらにかっこいいと人気があったこ...

 

岸谷五朗と寺脇康文のプロフィール

 

まず、最初に岸谷五朗さんと寺脇康文さんのプロフィールを簡単に確認してみます。

岸谷五朗のプロフィール

 


出典:https://www.weblio.jp/content/岸谷五朗

 

本名 岸谷五朗(きしたにごろう)
生年月日 1964年9月27日
出身地 東京都武蔵野市
出身校 東京都立小平高等学校

(中央大学商学部中退)

職業 俳優 DJ 演出家

寺脇康文のプロフィール

 


出典:https://artist.amuse.co.jp/artist/terawaki_yasufumi/

 

本名 寺脇康文(てらわきやすふみ)
生年月日 1962年2月25日
出身地 大阪府大阪市
出身校 岐阜県立岐陽高等学校
職業 俳優 タレント

岸谷五朗と寺脇康文の出会い

 

岸谷五朗さんと寺脇康文さんのプロフィールをご覧いただくと分かる通り、寺脇康文さんの方が2歳年上で3学年上だということになります。

 

そして気になるのか、岸谷五朗さんの職業欄。

 

俳優は分かるのですがDJをなさってるということを初めて知りました。

 

演出家というのは「地球ゴージャス」での演出なのでしょうか?

 

プロフィールの欄では岸谷五朗さんと寺脇康文さんがどのようにして出会ったのかは書かれていません。

 

実は、岸谷五朗さんと寺脇康文さんは若い頃同じ劇団に所属していたのです。

 

その劇団というのが三宅裕司さんが主催する「スーパーエキセントリックシアター(SET)」です。

 

お二人がSETに入団されたのは、寺脇康文さんが22歳で岸谷五朗さんが二十歳の時だったということです。

 

寺脇康文さんは岸谷五朗さんを初めて見た時の印象を次のように語っています。

 

「カツアゲされるかも」

 

というのも、先にSETの団員となられていたのが岸谷五朗さんで、寺脇康文さんが稽古場に行った時に岸谷五朗さんが「リーゼント、ジャージ姿で現れた」からです。

 

当時の寺脇康文さんは現在と同じ良い意味で普通の青年だったということです。

 

実は寺脇さん、SETに役者として入団するのですが、役者としても実力をつけた後は裏方の映像に回るつもりだったそうです。

 

性格や生い立ちが違うお二人ですが、馬が合います。

 

初めて会った時に劇団でも歓迎会があり、お二人は朝まで残って飲みながら好きな映画や役者など色々な話をしたそうです。

 

色々と話すうちに、自分と違うタイプの人間面白い感じ、直感的に「長い付き合いになる」と思ったとのこと。

 

お2人にとって最初の目標が「SETでメインを張る」だったそうです。

 

共通の目標を掲げたお二人は後にSETでメインを張れるようになります。

 

そんな中、岸谷五朗さんがSETとは別にプロデュース公演をするようになり、自分たちでキャスティングできるもっと自由な舞台が作りたいと思うようになったそうです。

 

お二人ともSETに不満などなく、可能であるならば両方の劇団に所属したいという思いがあったとのこと。

 

このような流れがあり「地球ゴージャス」結成にいいたり、今結成25周年を迎えるに至っています。

まとめ

 

初めての出会いから30年以上一緒で仲良しのお二人。

 

空いている新幹線でも二人で隣り合わせに座り、ずっと話しているとのこと。

 

人生の中でこんなに信用できる相棒と出会えるのは奇跡で羨ましくも思えますね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました