草刈正雄は子供の頃・若い頃はイケメンで現在はダンディ!ハーフのメリット満載

若い頃

草刈正雄さんと言えば「イケメン」の代名詞だったのご存知でしょうか?

 

特に芸能界デビューした若い頃のイケメンぶりは改めて説明するまでもありませんが、子供の頃からイケメンだったのです。

 

生まれてから現在までイケメンって羨ましい限りですね。

 

還暦を超えた現在の草刈正雄さんは、朝ドラ「なつぞら」で見せる物静かで貫禄あるダンディなおじいさんを演じたかと思えば、スズキ「ワゴンR」「キャリイ」で見せるおちゃめなおじいさん役も演じています。

 

どちらもいい味を出していますね。

 

この記事では、草刈正雄さんの画像に焦点を当てて、子供の頃から青年期の若い頃、そして現在までを作品を通じてイケメンぶりをご紹介します。

 

草刈正雄の家族(妻・娘・息子)は芸能一家についてまとめてみた!
草刈正雄さんといえば、もともとは資生堂の専属モデルからスタートし、二枚目といえば草刈正雄といわれていました。 そんな草刈正雄さんも2020年の誕生日には69歳となります。 実は、草刈正雄一家が芸能一家だということ...

 

geinoujin-wakaikoro

ハーフとして生まれた草刈正雄

 

冒頭でもお伝えした通り、草刈正雄といえば「イケメン」「男前」が代名詞と言われる方でした。

 

日本人離れした顔立ちと「草刈正雄」という名前。

芸名かと思えば本名のようです。

 

草刈正雄さんが生まれ育ったのは福岡県

 

現在は北九州市となっている当時の小倉市で上京するまでを育ちます。

 

草刈正雄さんの父親がアメリカ軍兵士で母親が日本人ということですので、「ハーフ」に間違いありません。

 

草刈正雄さんのようなイケメンが生まれたということは、両親ともに美男美女だったんでしょうね。

 

大人になるにしたがってイケメンになる子は多いものですが、草刈正雄に至っては子供のころからイケメンなのです。

 

次は、草刈正雄さん画像と作品をもとにの子供から現在までのイケメンぶりを見ていきます。

 

画像と作品で振り返る草刈正雄

 

ここからは、草刈正雄のイケメンぶりを画像と作品で振り返っていきます。

 

まずは、草刈正雄さんは子供の頃からイケメンだったことを証明する画像からご紹介します。

 

草刈正雄の子供の頃

 

上記の画像は2018年10月30日に放送された「ザ!世界仰天ニュース」で草刈正雄さんによって公開された画像のようです。

 

文句のつけようがない美少年ですね。

ハーフのメリットが満載って感じです。

 

草刈正雄の若い頃(10代~30代)

 

草刈正雄さんは、18歳の時に資生堂の専属モデルとなり、「MG5」のCMでデビューし、瞬く間に売れっ子モデルの仲間入りを果たします。

 

資生堂の専属モデル時代

 

 

「MG5」のCMでデビュー時の草刈正雄さんが下記です。

 

なんと爽やかな青年でしょうか?

 

今から50年前の草刈正雄さんです。

 

この当時の画像をいくつかご紹介させていただきますね。

 

バリバリの若い頃の草刈正雄さん。

 

やっぱり今みてもイケメンですね。

 

草刈正雄さんはモデルデビューから4年後の1974年に俳優へ転向します。

 

次からは草刈正雄さんの出演作と画像を追って見てみます。

 

卑弥呼(1974年:22歳頃)

 

俳優デビュー作となった卑弥呼に出演した時の草刈正雄さんです。

 

ロミオとジュリエットにでも出演しているようです。

 

沖田総司(1974年:22歳頃)

 

卑弥呼と同じ年に出演した作品ですね。

この作品で「製作者協会新人賞を受賞」しています。

 

風と雲と虹と(1976年:24歳頃)

 

大河ドラマ初出演ですね。

 

華麗なる刑事(1977年:25歳頃)

 

この作品では、挿入歌を歌い、歌手デビューも飾っています。

 

十字路(1978年:26歳頃)

 

この作品では草刈正雄さんの役者としての引き出しを増やす転機となる作品です。

草刈正雄さんはこの作品でコメディに目覚めたと語っています。

 

汚れた英雄(1982年:30歳頃)

 

この作品は角川映画ということもあってテレビCMがガンガン流れたこともあり草刈正雄さんの若頃の代表作のひとつという感じがあります。

 

真田太平記(1985年:33歳頃)

 

真田太平記は1985年に放送されたNHKのドラマですが、この時は真田信繁を演じていた草刈正雄さんでsyが、約30年後に真田丸で真田昌幸を演じるとは思っていなかったでしょうね。

 

ここまでは30代までの若い頃の草刈正雄さんをご紹介しました。

 

次からは40代から50代までの中年期をご紹介します。

 

草刈正雄の中年期(40代~50代)

 

草刈正雄さんも40代になると、これまでの役柄とは異なる役柄を演じるようになります。

悪役なども演じるようになっていきます。

 

花の乱(1994年:42歳頃)

 

悪い顔していますね。

 

毛利元就(1997年:45歳頃)

 

 

ケータイ刑事 銭形零(2004年:52歳頃)

 

 

0093 女王陛下の草刈正雄(2007年:55歳頃)

 

この映画はご自身の名前がタイトルに入っていることも注目ですが、この作品では実の娘さんである草刈麻有さんと共演することでも注目されました。

 

40代から50代の草刈正雄さんは主演ではなく、脇役としての存在感を見せつけていましたが、60代になると更に存在感を強めていくことになります。

 

草刈正雄の現在(60代~)

 

真田丸(2016年:64歳頃)

 

 

なつぞら(2019年:67歳頃)

 

記憶に新しいですね。

アルプスの少女ハイジのおんじのような存在感があり、やさしく、力強いおじいちゃん役が見事でした。

 

まとめ

 

草刈正雄さんのイケメンぶりをご紹介しました。

 

ハーフとして生まれた草刈正雄さんですが、子供の頃からイケメンで70歳を間近に控えてもイケメンぶりは健在でした。

 

まだまだ役者として頑張って頂きたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました